建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

韮山~熱海~八王子~厚木 建築巡り

前回の3月の 「3つの大学図書館」 の折にはもちろんそればかりではございませんで・・・
その続編を今頃になってつらつらと記します。

朝早くに大阪を出て新幹線を三島で降り韮山へ。目指すは江川邸。江戸初期1600年前後に修築されたといいますから400年以上の民家です。
あいにくの雨模様でしかも結構な降り、駅から歩きましたのが途中はあたかも山道・・・難儀しました。
入場券売り場の方に、「その道はイノシシも出たりして危ないので歩かないでください」 と遅かりしながら注意されたのですけれど、Googleのルート案内を信じて歩いてきたのですよ・・・確かに途中不安を覚えましたが引き返すにも引き返せず・・・。
それにしてもこの江川邸の土間の小屋組み、ともかく細かい!縦横にびっしり!
よほど曲がったことがお嫌いな棟梁であったのか、木材がどれも曲がり材を用いずにビシッと線の通ったものばかり!
凹凸の三和土の土間の上に広がる薄暗がりの中に整然と幾何学的にひろがる小宇宙、言われるような荒々しさなどは私は微塵も感じませんでした。座敷のほうには目もくれず、ただ小屋組みばかりに見とれてまいりました。
向かいに建っていました西蔵の下屋庇はなんと!石の瓦葺。

201903egawatei (1)
もともとは茅葺屋根ですが、銅板で葺き替えられています

201903egawatei (2)
ともかく梁もまっすぐ

201903egawatei (3)
小屋組みの見上げ

201903egawatei (4)
西蔵正面 駒の形をしているので駒蔵ともいうそうです

201903egawatei (5)
伊豆石葺きの庇


せっかくなので立ち寄った反射炉、鋼製のブレースのフレームばかりがやたらと目立ちますが、もちろんこれは後補の補強。このブレースが何と言っても印象深く、もちろんこの反射炉が鉄の鋳造施設であるからでしょうけれど、エントランスや柵、手摺など、そして新たに建てられた展示館も全て鉄の意匠で、一般の観光の方は気にもされないのでしょうけれど、柵とか手摺とかとても良いデザインでした。

201903nirayama.jpg


三島の後熱海でくつろぎ、翌日伺いましたMOA美術館、先月に大観荘を訪れた際にも観に行き立て続けの訪問となりました。

この美術館、2017年に杉本博司+榊田倫之 「新素材研究所」 によってリニューアルされたばかりのもの、素晴らしい空間でした。
メインエントランスの漆塗りの巨大な扉、そして展示室への繊細な木製扉。展示ケースの座面床面は畳のもの美しい無垢板のもの四半敷きの瓦のもの、框の納まりや高透過度のガラスと相まって、私などはついついと展示の美術品よりも展示ケースのほうに眼を奪われる始末です。そして何より、その展示ケースの対面の長大な壁や、仁清の 「色絵藤花文茶壺」 を囲う特別な展示空間の、しっとりと黒い漆喰!
壁の小口やアールをとったコーナー、巾木の納まりなど、這いつくばるように屈みこんで眺めいる私はどう見ても不審者、でもこうした建築オタク(?)もいっぱい訪れて美術館側は慣れっこでしょうね。
もちろん3月の訪問は 光琳の 「紅白梅図屏風」 がお目当て、そちらもしっかりとまぶたに刻んでまいりました。

201903MOA (1)
正面扉の内観 玄と紅の漆

201903MOA (2)
現代的な洗練さを感じさせる展示エリアへの入り口 正面に伊豆の海が広がります

201903MOA (3)
展示室へのアプローチ 床は凸状の敷き瓦 正面の扉の細いスリットにはアクリル板が埋め込まれています

201903MOA (5)
展示室の様子 右側が黒漆喰の壁 この壁により落ち着きがもたらされると共に対面の展示が映り込みません

201903MOA (6)
仁清の壺のためだけの特別な展示室の囲い

201903MOA (7)
お目当て 「紅白梅図屏風」

201903MOA (8)
当時の黄金の茶室は建物の奥まったところで暗がりの中にあったとのこと、露出を抑えて撮ると当時の雰囲気がつかめますとの案内の方の助言です
暗がりの中の黄金は華美なものではなくとても艶めかしいものです 成金趣味ではなかった!


201903MOA (9)
ミュージアムショップのカウンターがとても美しい素材と納まり 商品陳列台も素晴らしいものでした


多摩美とムサ美を訪れるためにこの後泊まりましたのが、八王子の大学セミナーハウス。関西の大学に通った私にはなじみのない施設でしたが、今回やっと念願かなって訪れることとなりました。
バス通りから少し入るとすぐに前方にあの逆四角錘が姿を現してびっくり。もっと山の中森の中にあるのかと思っていました。暗くなりかけた頃に到着して翌日朝にはもう出立、慌ただしいことこの上なしでしたが、暗い中あるいは早朝日の出を待って広い敷地内を歩き回り、他所の学生さん方が使用中のセミナールームを覗きこみ(無遠慮に入り込んで失礼しました!)、タオルぶら下げ共同の浴室にも出掛け、深夜にはポツンとラウンジにたたずみ・・・もうすっかり満喫、宿泊者の特権!をフル活用でした。
ともかく既製品とか工業製品とかとは対極の造り方、ひたすら手と汗の痕跡を感じさせる建築群、それ以前に地形を読み込むのって一体どうしたんだろう?と思わされます。やはり初期の建築群が見応えあります。それにしても、もうかなり暗い中松下館をうろついて、その屋根を歩きかけて“ちょっと足元怪しい・・・”と躊躇、翌朝再度訪れて見てびっくり、いやはやとても歩けるような代物ではない。しかも濡れて滑るし・・・。その昔、荒川修作さんの養老天命反転地の危険さが話題となりましたが、その先駆者がここにあり、です。ユニットハウス群はすでに廃墟の様相、その一つの扉の前で 守り神のように頑とたたずむ堂々のねこさん、どうかいつまでもセミナーハウスを守ってね!とお願いしてまいりました。

201903seminarhouse (1)
本館の夕景 ここの個室に泊まりました

201903seminarhouse (2)
本館3階のラウンジ

201903seminarhouse (3)
本館4階には粘土模型が置いてありました 全貌がよく分かります

201903seminarhouse (4)
松下館 手摺がリズミカルでいいです 1階と2階が非常に近い

201903seminarhouse (5)
松下館の屋上 ここを歩けって???とてもムリーーー

201903seminarhouse (6)
共同浴室壁面のモザイクタイル

201903seminarhouse (7)
こちらは泊まった部屋のシャワールームの壁面タイル 共用トイレなどにも凝ったタイルの貼り方が施されていました

201903seminarhouse (8)
ユニットハウスの扉正面にでんと居座るねこさん 貫禄十分
横には人相書?に注意書き 曰く 「爪が出ることがあるので むやみに手を出さないように!」



二つの大学図書館を見終えた後、厚木へ。
神奈川工科大学KAIT工房とアミューあつぎの屋内広場 sola、ふたつの石上純也作品の見学。
さすがに初めて雑誌等で見た頃のKAIT工房の衝撃は薄れましたが、やはり現実の空間体験となるととても面白い。様々な向きとサイズの鋼材が散りばめられて織りなす場所場所の独特の感覚は興味深いものでした。その一方で、いわゆる柱らしい柱がないことについては、実空間ではほとんど意識にのぼりませんでした。空間のスケールのなせる業でしょうか。
KAIT工房のすぐ横では多目的広場の工事中、とはいえもっと進んでいるのかと思いきやまだ掘削の段階でした。どんな空間が出現するのか、こちらも楽しみです。

201903KAIT (1)
外観と樹々の映り込み

201903KAIT (2)
密な柱のエリア

  * * *

この後東京池袋に出てシメは観劇
前野健太さんももちろんながら松たか子さんの歌声に聴き惚れ、その余韻に浸って夜行バスで帰阪した、充実の旅でした。

201903sekaiwahitori.jpg
岩井秀人作・演出「世界は一人」 松尾スズキ 松たか子 瑛太 / 東京芸術劇場 プレイハウス
  1. 2019/04/18(木) 15:54:18

3つの大学図書館

先頃図書館建築を三館見学してまいりました。
いずれも大学図書館であり、一般の公共図書館とは性格もやや異なりますし、しかもそのうち一つは正規の図書館は別にあり大学内での位置づけとしては図書館とは異なるものでしたが・・・。
その三つとは、近畿大学アカデミックシアター(設計:NTTファシリティーズ/畠山文聡 2017)、多摩美術大学八王子図書館(設計:伊東豊雄 2007)、武蔵野美術大学図書館(設計:藤本壮介 2010)です。

大学図書館は、いわゆる知の牙城のなかの最たる部分、まさにアカデミズムの体現でありましょうし、知性・合理性が形態を成すうえで古典的な表現や明晰な幾何学が過去には参照されてきたものと思います。
けれども現代の新たな知の館はいずれも従来の幾何学=直交座標系を崩すところから始まっています。直交座標を用いず、けれども混沌ではなく、それに代わる独自の規範を見出すことに腐心されていました。
そもそも直交座標は、設計する上・建設する上で非常に有用なものです。大工の描く番付でも「い、ろ、は・・・」と「一、二、三・・・」の符号によって空間や部材の位置は明確に表され、現代建築でも「X1,X2,X3・・・」「Y1,Y2,Y3・・・」「Z1,Z2,Z3・・・」と構造部材の位置が特定されます。
つくる側だけでなく使う側からも、例えば坊条制で形成される京都の街の住所の表し方、「**通**上る」と面する通り名と直交する通りからの東西南北の位置を示すのみでとても分かりやすくできていますのも碁盤の目状の街路を有しているからこそです。大学生となった時、京都に暮らす第一歩としてまず通りの名を覚えるようにと、通りの名の数え歌を先輩より教わりました。目的の書物に迷わず最短でたどり着くことが望まれる図書館でも同様に空間の把握のしやすさが必須であり、直交座標はうってつけのシステムであったことと思います。
それでもこの三館は、直交座標を意図して崩しています。
そして空間の体験としては、本の森の中を彷徨い歩く、あえて迷いあえて迂回することがもくろまれているようです。

デジタルの時代に最も顕著なものは検索機能でしょうか?キーワードを打ち込めばたちどころに迷いなく結果が表示されます。
けれどもよく言われることですが、辞書を引けば目的の語の周囲の言葉やそこにたどり着く過程でふと開いたページの文言などについ興味を惹かれ本来の語句を忘れて読みふける、という体験がしばしばでした。書店や図書館でも目的の本を探すうちについ何気なく別の棚の本の背表紙に惹きつけられて手を伸ばし、思いがけない出会いが生じることが悦びでした。
デジタルの世界で瞬時に物事を調べることができる現代にあって、現実の空間である図書館には一直線・まっしぐらであることと同時に、そうでないことこそも求められているのでしょうね。そしてその空間の表れが直交座標系からの逸脱なのでしょうか?

実際、近畿大学アカデミックシアターでは自分の位置の把握は一筋縄ではいきません。空間の全貌は見通しが効かないようにつくられ、そして多様で自在な場所場所が設けられています。設計者の方の解説によれば直行グリッドの僅かな変形のみでさほど複雑な操作をしたわけではないとのことでしたが、そして平面図を読み込めばなるほどそのようでもありますが、しかし現実の空間は非常に変化に富んでいます。

201903kindai001.jpg

201903kindai002.jpg

一方、多摩美術大学八王子図書館は設計者が 「エマージング・グリッド(生成するグリッド)」 と呼ぶ、変形されたグリッドで構成されています。その内部空間は連続する多様なアーチの開口と低く抑えられた書架により、内部の全体が見渡せています。アーチというよりは、細い幹が上方で四方に広がる樹が点在し連なっているという印象を持ちました。まさしく木立の中という印象です。暗い森の中ではなく、明るい木立の中の心地よさ というのは豊かな天井の高さが醸し出していることでしょうか。

201903tamabi001.jpg

武蔵野美術大学図書館は、平面図からは渦巻き状の空間構成が明瞭ですが、現実の体験ではその渦巻き状の壁面に穿たれた開口がつくる放射状の印象が強く、それによって見通しもよく効いて思いのほかシンプルな空間でした。この図書館は本棚で出来ているというイメージをストレートに表現していますが、もちろんと言いますか、外壁部も内部の高いところも書架は空っぽのままです。外壁部では日射や雨仕舞のこともあり、現実問題本の出し入れなど困難で、あくまで図書館のアイコンなのだろうと思いますし、内部書架でも現実的な高さまでは可動棚板としてありましたが上部は固定棚板で、こちらも上部については実際の書架としての使用を設計者はイメージしていないのでしょうね。これらの書架が本で埋め尽くされていればそれはそれで壮観な眺めでしょうけれどもかえって重苦しいかもしれず、これらの空白が空間的にも心地がよいし、伸びしろといいますか、知の発展を暗示している余白の書架なのでしょうか。

201903musabi001.jpg

ところで
現代の図書館の建築計画を成り立たせている根本に入退館のゲートシステムがあります。
四方八方からのアクセスを可能としている近畿大学アカデミックシアターは、なんとこのシステムを採用せず、したがって出入りも自由であれば、書物を手に取ることも自由。そして本の盗難紛失が今のところ起きていない!ということでした。
なお、この館では建築計画や入退館管理だけではなく、書物の配列でも柔軟な計画、日本十進分類法が用いられず (最近のTSUTAYAなどでも見られますよね) ジャンルを横断して関連書を配置する近大独自の分類法が用いられています。
多摩美図書館ではオープンなエリアと制限エリアとが明確に区画され、その間にはもちろん関所の如くゲートシステムがありました。
武蔵美図書館は狭い入り口をくぐったすぐ目の前にあまりにも近くにゲートがあり、内部のゆったり大らかな空間に対していささか窮屈、出鼻で少々くじかれました・・・。

もう一つ
近畿大学アカデミックシアターは裏も表もない建築で、様々な素材と意匠で各面がつくられていました。そもそも四隅にある異なる建物を繋ぐエリアがアカデミックシアターという成り立ちです。
多摩美術大学八王子図書館では各面の外観は同じ表現でつくられ、但し裏側はサッシュを現実的な納まりとしてコストダウン?
それに対して武蔵野美術大学図書館、裏手などは表側とは打って変わった簡素な設えで (とても同一建物とは思えません!)、設計者の割り切りには脱帽・・・。潔さに感じいりました!

三館ともとても刺激に満ちた建築でした。
近畿大学アカデミックシアターでは建築の見学や館内の撮影にもおおらかで建築同様柔軟です!加えて伺った見学会では設計者の方の丁寧な解説と館内案内があり、見学の後にも直接いろいろとお話しを伺う事が出来ました。見学許可をくださった他の二館にももちろん、皆さまにお礼申し上げます。
  1. 2019/03/20(水) 15:19:31

もの想う朝

今朝の報道二件

一つは読売新聞朝刊の「編集手帳」にて、岐阜で発生した豚コレラの殺処分に岐阜大学獣医学科の学生の方々が係ったことを読みました。8時間3交代で4日間夜通しひたすら感染/発症に係らず豚一頭一頭に注射をする・・・肉体的にも、そして精神的にも大変な仕事です。
もう一つはピアニストのアリス=紗良・オットさんが多発性硬化症という難病と診断されたことを公表したという報道。つい先頃の池江璃花子選手の白血病続いて・・・です。昨秋の『ナイトフォール』コンサートの印象もまだ生々しく驚いてしまいました。

あるものは豚に生まれ、あるものはたまたま人間に生まれ、そして人間に生まれたなかで、ある人は水泳選手を目指し、ある人はピアニストを目指し、そしてまた、ある人は獣医師を目指す。
それぞれがそれぞれの生の中でかけがえのない時間を生き、その過程で困難に出くわす・・・

もちろん豚コレラの豚と、アリスさん池江さんを同列に語る不謹慎を犯すつもりもありませんが、選択肢のない豚を憐れみ、選択の余地のない獣医師や学生の方々のご苦労を思い、アリスさん池江さん そして同じように病と直面している方々には可能な限りの選択肢を駆使して頂くことを願うばかりです。

あれこれと もの想う朝です


読売新聞 編集手帳 2月18日 は下記です
(読者限定と思いますが現在は特別体験期間中で一般公開では?)
https://www.yomiuri.co.jp/note/hensyu-techo/20190218-OYT8T50000/


アリス=紗良・オットさんのメッセージは下記サイトです
https://www.alicesaraott.com/news/a-personal-message-from-alice/
  1. 2019/02/18(月) 10:52:47

児山紀芳さんの訃報

児山紀芳さんが亡くなられたとの記事を新聞で見ました。
ご冥福をお祈りいたします。

CDが出始めの頃、「CDでよみがえるジャズの名盤」というNHK-FMの油井正一さんとのコンビのラジオ番組、随分と聴きましていろいろとジャズを聴く手掛かりとさせて頂きました。
確か番組を録音したカセットテープも随分と残っています。当時はみんなそうして聴いていたのでしょうね。
今では残念ながら肝心の再生機がないのですけれど・・・いや、ほとんど使ってないものでカセットとMD(!)が再生できるのが残っていたかな???

まだカセットが働けば、久しぶりに今夜は油井さんと児山さんの掛け合いのトークを聴いてみましょうか・・・
  1. 2019/02/05(火) 14:50:07

熱海大観荘

先頃熱海の大観荘を訪れてまいりました。
横山大観にちなむ旅館として名高い大観荘ですが、建築の世界では数寄屋の名匠平田雅哉の作としてその名をとどろかせています。
もともとは中山製鋼所の創業者である中山悦治氏の別荘として昭和13年に建てられ、その後昭和23年に旅館として営業を始めたものだそうです。中山悦治氏といえば兵庫芦屋の本宅も、あるいは中山製鋼の社屋なども村野藤吾氏の設計で名高いものですね。こちらは横山大観と中山悦治氏とが親しく、大観はこの別荘を気に入ってしばしば訪れては宿泊し画も書いたりしており、旅館として開業する際に大観の名を頂いたのでそうです。大観が宿泊した部屋は「大観の間」として現在も客室として使われています。

それにしてもなんともまあ見所満載!あちらを見ては驚きこちらを見てはため息をつき・・・まさに数寄屋の技と素材のオンパレード。仕上げの材料やその納まりなど、その厳しい仕事や寸法!大胆と繊細。何よりも物と物との取り合い、要素と要素との取り合うところの処理のひとつひとつがどこを見ても様々な工夫や技があり感嘆します。
加えて増築に次ぐ増築で様々にバラエティーに富み、かつ迷路迷宮の如くあり(実際よく迷いました・・・)、おかげで私は折角の温泉も宿もほとんど寛ぐことなく、チェックインしてからアウトするまでの間、あくせくと駆けずり回っておりました次第、貧乏根性丸出しでありました。
私がついつい興奮して、ここがすごいあれが凄い!と熱く語れども、同行した母や兄は ???・・・。建築オタクの世界だけなのかなぁ?いえいえ、私のように頭で見て廻るよりも、きっと一般の人の身体や心には、温泉や料理とともにこの建物も沁み込んでいることと思います。
何度も訪れてもそのたびに新たな発見があるであろう建物でしょうし、何度も訪れて落ち着きと寛ぎを持って眺めてようやく分かりかけることができる建物なのでしょうね。

201902taikansou001.jpg
正面玄関

201902taikansou002.jpg
庭より大観の間 梅が咲き始めていました

201902taikansou003.jpg
本館から南館への渡り廊下 名高い数寄屋の仕事

201902taikansou004.jpg
渡り廊下の中ほどの東屋
この東屋には夕刻にも 寒い夜更けにも 海からの朝日が差し込む時にも
寒さも忘れて(ガマンして)腰かけて眺め入っておりました

201902taikansou005.jpg
フロント前のラウンジ

201902taikansou006.jpg
ラウンジの壁面 板張りに草花の象嵌

201902taikansou007.jpg
象嵌の詳細

201902taikansou008.jpg
ラウンジの床の間に見立てたマントルピースにも象嵌

201902taikansou009.jpg
マントルピースの取り付く錆丸太の床柱とその側面
床周りは凝った細工が随所に満載

201902taikansou010.jpg
無理を承知でお願いしますとタイミングが合って快く見せて頂けました本館「大観の間」
床脇との間の狆潜りが斬新な意匠!落とし掛けも床脇は風雅

201902taikansou011.jpg
「大観の間」 座敷から一段下がったサンルーム
床は瓦の四半敷き(段通が敷いてありますが) 天井は市松 照明器具がまたモダン!

201902taikansou012.jpg
南館「利休の間」の前の飾り棚
なんと!繊細な縦格子はガラスの角棒 奥には扁平の竹5本組みの格子

201902taikansou013.jpg
本館「松風の間」への階段の詳細 二階のホールの壁・天井も見惚れました
お部屋内部も見たかった・・・

201902taikansou014.jpg
「大観の間」前の廊下から「ひのきの湯」への通路
階段にも同様の低い腰板 継ぎ目に2分ほどの竹が仕込んであります
3つの温泉の中では私は「ひのきの湯」がいちばん気に入りました
  1. 2019/02/02(土) 12:43:55
次のページ