建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

京大タテカンに想う

少し以前から新聞紙上で 京大タテカンの記事を度々目にし 先週末には大学当局が強制撤去して その後のイタチごっこなども伝えられています
多少なりとも都市景観・美観にかかわると思っている身であります一方 かつてそこで4年間過ごしてひいき目の立場としましては タテカンいいじゃないの・・・とも思ってしまいます

古都の美観の保護形成を目的とする市条例からすれば もちろん吉田キャンパス周辺にも寺社寺院はありますけれど それらを著しく脅かしているわけでもなく そして京都大学の佇まいもまた京都ならではの独自の景観を形成してきていると思うのですが・・・
そしてその大学キャンパスのありようとタテカンとはもう長年の間に混然一体となって タテカンあっての大学風物 もうすっかり京都の景観に定着しているように感じてしまうのですけれど・・・

初めて大学のキャンパスに足を踏み入れた18歳の頃 一番に “京大に来た” との感慨?を持ったのは 時計台のある景色ではなく 道に沿った長い石積みと そこに列をなした様々のタテカンでした
部活サークルの勧誘のタテカンあり 思想学問を問うタテカンあり サイズも表現も もう百花繚乱でにぎやか 地方から上洛した身には これが京大なんだ と素朴な胸のウチをなんだかウキ立たせるものがあったのです
時計台は 言ってみれば 権威のシンボル 学問の牙城としてのシンボル であるのに対し
タテカンは 自由な気風のシンボル ですものね

タテカンも巨大な広告なのでしょうけれど 固定物ではなく あくまで仮設物なのですし
市条例による指導に基づいて当局が はい承知 と撤去に至るのも らしくないなあ と感じてしまうのは まったくの身びいき?
キャンパス内部の ここなら許してあげる と指定された場所だけに タテカンを並べるなんて まったく らしくない し (まあ あり得ない) そもそも 外に向かって 問いかけ発信するものですものね

「日本に、京都があってよかった。」 とは京都市のキャッチコピーですが

京都に 京大があってよかった
京大に タテカンがあってよかった

私の建築学科も既に吉田からは追い出されていますし
「よかった」 は 感慨の 「よかった」 ではなく 過去形の 「よかった」 になりつつあるのでしょうか???

京大正門1978
当時の京大正門
教養部正門1978
当時の教養部正門

たまたま手元に出てきた入学当時の写真 (ちょうど40年前!1978)
残念ながら東大路や吉田神社参道のタテカンを写した写真は見当たらず・・・
  1. 2018/05/17(木) 06:43:15

半田再訪~高槻ジャズスト・・・平成のGWを終えて・・・

平成の五月の連休も先週終わりました
この一週間 ずっと大西順子さんのCDを聴き続けています

平成も30年となり 来年は新たな元号の年ですね
私の子供の頃 そして 設計事務所に勤め始めたころは 昭和の時代
大型連休といっても祝日は 4/29の天井誕生日 5/3の憲法記念日 5/5のこどもの日 の三日間のみで
祝日も日曜と重なれば一日損をした! という頃
土曜日には半日学校もあり 勤務は普通に終日 といいますよりも 設計事務所勤務では土曜も日曜も昼も夜もない時代
いつの間にこんなに休みの日が増えたのか 平成の30年の間に本当に祝日休日も増え 連休も「大型連休」の名にふさわしい連なりとなりました

その平成最後のゴールデンウイーク
十分に満喫の日々でした

4/28(土)午前中現場打ち合わせを行った後 京都にお出掛け
何必館で開催中の「エリオット・アーウィットの世界 Elliott Erwitt 展」
モノクロの 時代を切り取った写真の名品に数々に触れます
ジャズのジャケットにも使われて眼になじんだものも・・・
会場の何必館 開館した当時は あまりにも白井晟一コピーが眼について敬遠気味でしたが こうして訪れてみるとやはり行き届いた空間に魅せられます
最上階の中庭のもみじの新緑が目に鮮やか
壁におとすその影もとても美しい

20180428erwitt01.jpgerwitt.jpg


一休みして気持ちを切り替え 東山七条へ
京都国立博物館の「特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家」
名前だけは知っていても実のところはさっぱり未知の 池大雅
挑戦する人 新しい人だったのだ と知りました
爪・指で描くのもさることながら 点描に その中でもモノクロの点描の画に眼を奪われました
また 展示作の中には 箕面の滝 を描いたものもあって 池大雅の眼を通すとこうなるのか・・・とこれも新鮮

20180428ikenotaiga01.jpg池大雅


一日おいて4/30(月祝)には 国立文楽劇場4月文楽公演
五代目吉田玉助 襲名披露公演 のこの日は千穐楽
午前11時の第一部から 午後9時近くの第二部終演まで 文楽漬けの一日です
口上では 季節に合わせ桜の色の裃で眼にも華やかな舞台です
襲名披露狂言の 「本朝廿四孝 勘助住家の段」 は見応えあり
続く 「義経千本桜 道行初音旅」 は舞台正面に二段に太夫三味線さんがずらりと並ぶ演出で 華やかさを盛り立てます
第2部の 「彦山権現誓助剣」 は 敵討ちの物語りの中に インチキの親孝行あり 押し掛け女房あり の不思議なお話し
不思議と言えば この日来場者におまけで配られた 文楽X戦国BASARA のコラボグッズも不思議な一品

4月文楽公演201804bunraku.jpg


5/3(木祝)には片づけるべきことがあって普通に事務所に出掛けて仕事の後 夕方兵庫県立芸術文化センターへ
ナイロン100℃ 45th SESSION 「百年の秘密」を観劇
空間も 屋敷の内部とその庭とが混然一体となったセットなら 時間も100年という時を自在に行ったり戻ったり
そこを巧みに仕掛けられた演出で 観ている私も混乱することなく自由に行き来します
文楽ほどではないにせよ これもとても長いお芝居でしたが まったくダレることなく楽しみました

百年の秘密


5/4(金祝)には 2月に訪れた知多半島の半田を再訪
今回は前回に行けなかった 新美南吉生家 と 新美南吉記念館 へ
南吉生家はとても小さな小屋ながら立体的な造りで興味深い
それにしてもほとんどが下駄屋と畳屋の職場空間 ここで生活も行うという訳ですから 日本の空間の融通性 というのは大したものです
南吉記念館は設計競技で完成した建物で できた当時話題になりましたが 訪れましたのは初めて
ほとんどを地中に埋めて 地上には波打つ緑 という構成
展示室の床も(ところによってはそこそこの)傾斜があり 展示には苦労の跡も・・・小さい子には結構見づらいのでは???

半田赤レンガ建物での企画展示「半田赤レンガ建物を設計した妻木頼黄のすべてをたどる!」に立ち寄り
前回は閉鎖中でした小栗家住宅を覗いた後 ミツカンミュージアムへ
普段は完全予約制のガイドツアーのみのミュージアムが この連休中のみ自由見学で 展示も建築もどちらも欲張って二兎を追い過ぎた前回のリベンジ
隅々まで見学出来て満喫
建築も展示もサイン計画なども 本当にこまやかによく出来たミュージアムと改めて感じ入りました
前回はとうに品切れでした 特別なお酢も購入
ミュージアムの外の運河には 鯉のぼりもはためき 気分上々

20180504handa01.jpg南吉生家
20180504handa03.jpg南吉記念館
20180504handa04.jpg南吉記念館内部
20180504handa05.jpg半田赤レンガ建物
20180504handa06.jpg妻木頼黄展
20180504handa07.jpg小栗家住宅
20180504handa08.jpg小栗家住宅内部
20180504handa09.jpgミツカンミュージアム
20180504handa10.jpgミツカンミュージアム
壁面デザイン
20180504handa11.jpgミツカンミュージアム
エントランスホール
20180504handa12.jpgミツカンの蔵と運河
20180504handa13.jpg限定酢「千夜」


そして一宮の実家で一泊過ごして翌日5/5には高槻へ
今年の高槻ジャズストリートは第20回記念 ということで 3日間の拡大版
その最終日 お目当ては ケイコ・リーさん(何のご縁か知多半田出身!) と 大西順子さん

会場となる桃園小学校に着いたのはお昼ごろ
もうグラウンドはいっぱいの人で溢れかえっています
まぶしい青空が広がり 照りつける太陽
暑くて Tシャツ一枚になると もう腕は真っ赤に日焼け
つば付きの帽子を用意してきて大正解でした
13:00~ Jesse Forest Group feat. 東かおる
14:00~ 大西順子グループ
15:00~ ケイコ・リー・グループ
と 立て続けに
グラウンド横を行きかう阪急電車の音などもまったく気にせず
野外ならでは開放感あふれるステージを楽しみます
ステージ替えに スタッフだけでなく奏者自らもステージ上でマイクや楽器の調整などあれこれ準備の様を見るのもこうしたライブならではで
そんなこともとても楽しい
ケイコ・リーさんは スマホでパフォーマンスをライブ中継
後日ネットでその動画を見ました!自分の姿も見付けました!
そして 高槻現代劇場に移動し 夜のステージに向けて待機
18:00~ 土岐英史Quintet feat.市原ひかり
ピンク色の頭の市原さんのトランペット 好きです
19:00~ ケイコ・リー・グループ
ケイコ・リーさんは 「ワインレッドの心」 「歩いて帰ろう」 などのカヴァー曲も披露
昼にも夜にも歌ったユーミンの「卒業写真」 世代的にもしみじみ聴き惚れました
ピアノの野力奏一さんもとてもよいです
そして今年のオオトリ
20:00~ 大西順子グループ
お昼の野外でもそうでしたが 大西さんはビアノをステージ中央に 鍵盤側を客席に向けて配置
そして上手にドラムス高橋信之介さん 下手にベース井上陽介さん カルテットの際にはビアノとドラムスの間にギター馬場孝喜さん
大西さんは客席に背を向ける形での演奏で 両手の動き 肩や背筋の動き が実によく見えます
お昼はすべてカルテットの演奏でしたが 夜の公演では前半トリオ 後半カルテットでの演奏でした
大西さんはもちろんですが 他のメンバーも強者揃い 特にドラムスがとてもキビキビとしていて引き締まりました
ギターは魔法を観ている(聴いている)かのよう・・・
デビュー25周年として2枚同時発売されたアルバムからの曲目中心のプログラム でしたが 25年 か・・・
デビュー当時はほんとうに破竹の勢いでした ワクワクドキドキして聴きました
にもかかわらず その頃の東芝EMIの入れ込み様というか乗っかり様がまた異様に感じられて 大西さんご本人には係わりなくなんだか辟易してしまって 数年後にはアルバムを買わなくなってしまいました
そうこうしている間に今度はご本人が表舞台からピタリと姿を消してしまって・・・
けれども今思い起こしてもデビュー作 『WOW』 は衝撃的で もう本当にびっくりしてしまって アルバム発売記念ツアー を 心斎橋パルコのクラブクアトロ(1993年03月09日でした!) に聴きに行ったことをありありと思い起します
確かその時の大西さんは アルバム収録曲を収録順にきっちり演奏して アンコールも一切なし・・・
客席横 目の前を歩いて退場される大西さんに持っていた 『WOW』 のCDを出してサインをおねだりしようか と思いつつ 気が引けて遠慮したものでした
今なら図々しくお願いしたでしょうけれど・・・
でも この日はステージの後ホワイエでサイン会があり 四半世紀後の果し合い(?)
もちろん演奏も 25年の時を超える 刺激に満ちた素晴らしいものでした

昼公演の野外ライブならではの楽しみと 夜公演でのホールの楽しみ 演奏の曲目ももちろん異なり それぞれの良さを存分に満喫し
これだけのパフォーマンスを楽しんですべて無料というのも高槻ジャズストの驚くべきところ
感謝と記念にTシャツ買ってシアワセに帰りました

20180505takatsuki01.jpg桃園小学校グラウンド
20180505takatsuki02.jpg20周年の記念ジャズT
歴代のロゴを配したデザイン
20180505takatsuki03.jpgカルテットの面々のサイン
トリオ盤なのにギターの
馬場孝喜さん ごめんなさい
でも参加アルバムの
“Very Special”
もちゃんと買ってます!


そしていよいよゴールデンウイークの最終日5/6
朝 森ノ宮ピロティホールに出掛けて7月のお芝居のチケットを入手して 気分よく中之島の国立国際美術館へ
開館40周年記念展 「トラベラー : まだ見ぬ地を踏むために」

新しい美の地平 の一端に触れます が 何しろ映像系の作品が多い
絵画と違って時間がかかる掛かる!昼過ぎには観おわって と思っていたのが 閉館間近までかかって結局一日仕事
充実 というよりは いささか疲れ果てました

トラベラー


そんなこんなで 出歩き詰めのこの連休
その合間に
小川 洋子さんの 「口笛の上手な白雪姫」 と
角田 光代さんの 「私はあなたの記憶のなかに」
そして 文楽の床本を読んだのですから 上出来
ぼんやり過ごすことが多かった近年の連休に対し この充実ぶり!
平成の最後の連休にふさわしい濃い日々でした

口笛の上手な白雪姫私はあなたの記憶のなかに
  1. 2018/05/13(日) 18:59:42

背番号20番

朝のTVニュースで知りました
「星野仙一氏 死去」

呆然です

尾張に生まれ育った当時の私にとって野球はもちろん中日ドラゴンズ
その一戦一戦に一喜一憂した小学生時代、王・長嶋に対しマウンド上に立ちはだかる星野はみなの憧れでした
中日球場にも度々連れて行ってもらい、はるか外野からその背中を見つめて声をからしたものでした
テレビにかじりついて見た、胴上げ投手となったあのダブルヘッダー第二試合の興奮は忘れもしません
そして街中に流れていた「燃えよドラゴンズ」の歌、私の世代は今でも「一番高木が塁に出て~」とすらすら歌えるのではないでしょうか?
星野の現役引退記念試合はオープン戦、良い席を取ってもらって間近に見に行ったものです
僅か打者一人に投げたのみだったと思いますが、燃える男の最後に相応しい盛り上がりを期待して出掛けた私には、淋しくあっさりとした最後であった印象が残ります

阪神の監督を務めた頃には私も居を大阪に移しており甲子園にも度々出掛け
また
東北の震災の後楽天のホームゲームを甲子園で行った時にも甲子園には応援に行きましたっけ

けれどもやはり私にとっては星野仙一は背番号20番です

仙さんが色紙に揮毫していた「夢」
本当にたくさんのたくさんの夢をありがとうございました
  1. 2018/01/06(土) 09:32:32

2018年が明けました

2018年が明けました
本年もどうぞよろしくお願いいたしします

2018nenga01.jpg

2018nenga02.jpg

今年の賀状です

 * * *

昨年、たまたま恩師の前川道郎先生の著作のページをぱらぱらとめくっていて
ある小文にしみじみと感じ入り
手帳に書きつけて折に触れ読み返していました
先生には断りなく失礼ではありますが
新年にあたり引用させていただきます

================================

それでは、建築の本質はいずこにあるのか。私は空間にあると考えます。もちろん自然科学的概念としての空間ではありません。人間によって具体的に生きられる空間です。人間学的意味をになう空間です。建築とは、人間がその空間の中で、もっと厳密にいえばその空間において、身体的に行動し、心的に生きる、精神的にあるいは感情的に生きる、そのような空間です。世界の中にそのような意味深い空間を、事物と人間とを構成要素として人工的に構造化することが 〈建築する〉ということであり、そして、〈建築〉とはそのような行為とその結果としての制作品をいうのです。
(中略)
一般の建築の場合には両者が必ずしも合一するわけではないが、しかし建築が、単なる建物ではなく、建築に値する実在である以上-そしてすべての建物は建築であるべきであると考えますが-精神的・感情的価値と無関係であることはできません。個人の住まう住宅であっても、単なる肉体的行為の場にとどまるべきものではなく、心の場所であることは言をまたない。住宅もまた有用性のかなたにあるのです。
前川道郎「建築空間史の試み」1988 から引用

================================

本年もこの教えを繰り返し読み返してまいりたいと思います。

20180101hinode.jpg
大阪箕面の初日の出
  1. 2018/01/01(月) 07:41:01

2017年を振り返って

今年もまた残すところ数時間となりました。
ますます一年という時間のたつ速さを感じさせられます。

仕事の上では前年からの設計を継続し練り上げることに明け暮れた一年でした。
2016年3月より設計の始まったお住まいは今夏無事着工し、先頃上棟を終えて年末を迎えました。
2016年5月に初めてお目に掛かり同年秋より設計の始まったお住まいは、難産を経て年明け1月には着工に至ることが出来そうな見通しです。
この二つは規模こそ大きく異なりますが、お住まいとはそれらの多寡にかかわらず、住み手にとっても設計者にとってもまさしく真剣勝負であり、とても多くの時間を要する過程です。
来年の年末にはいずれのお住まいでも温かな灯がともり豊かな時間が流れていることを夢見ています。

 * * *

今年は2月に野田地図の「足跡姫」を観たくて東京に行き、その際に久しぶりに東京の建築をあちこち見て廻りました。「林芙美子邸」は今でもくっきりと目に焼き付いています。
夏の終わりに訪れた近江八幡の「ラ・コリーナ」、晴れ渡った暑い日でした。緑に覆われたおとぎの国の建物の、屋根と軒が心に残ります。
辺りの山並みの中の薄ピンクの量塊、作為を消した中庭のみどり、そして光と影・・・「猪名川霊園」は建築に伴う現実的なもろもろを消し去って、純粋なもののありようを示していました。

201702humiko.jpg「林芙美子邸」
201709lacolina.jpg「ラ・コリーナ」
201708inagawa.jpg「猪名川霊園」


週末台風にまともに当たった秋の熱海箱根。
日本的な素材や要素をこまごま散りばめて試してみたかのような不思議な和の「日向別邸」に対し、素材・組み立て・細部に至るまで充実した「起雲閣」の洋 は荒天ものともせず見どころ満載でした。

そして箱根の二つの村野藤吾建築。
「箱根プリンスホテル」は環境の中の佇まいから全体の構成、内外の素材・・・どこを見ても素晴らしい。正面エントランスの低く水平線を強調したラインに対し、芦ノ湖畔側の円形の客室棟はあのバルコニーの竪樋のラインと周辺の木立の垂直線とが響きあい、内部ではあまりにも有名なロビーの奥行の強調された空間の、優美に美しく崇高な天井と驚くほど座面の低いチェア。
二つのダイニングの華麗な空間と それを照らす 人面 や 木馬 の照明。
ドーナツ状上の客室棟は平面計画的にも理にかない、扇形の客室には豊かな窓辺の拡がりが用意されています。一方、周長の短い廊下は絶えず行く手が消されながら続いてホテル特有の単調さも排され、片側には常に閉じたひそやかな中庭を感じられます。
なによりもこのホテルで何度も何度も飽きずに繰り返し見惚れたのは湖岸側に降りる簡素な階段とその手摺。村野建築の階段の美しさは改めて言うまでもなくこのホテルでも様々に見応えある階段がありましたが、そのようなメインの見せ場の階段ではなく、この何でもない附属的な階段の、軽やかでリズミカルな配置と、何よりも単なる丸鋼ひとつだけを用いながらのこの簡素にして美しい手すり。上下二段に設けられた丸鋼の 上のそれはずっと伸びて端部で折り返され 下のそれは 上り口すぐに一段足安めで設けられた踊り場で 何の仕掛けもなくすとんとそんまま床に降ろされ それが実に見事で魅入ってしまう。
このような手すり(に対する姿勢)に一歩でも近づきたい、と願います。
ロビー脇のガラス扉の木製の押し板のビス隠しの、梅文様の埋木を目にしたときは、「ああ、どんな細部にも村野さんが宿っている・・・」と、もう拝むよりほかありませんでした・・・。

「箱根樹木園休憩所」は使われなくなって既に何年を経たのか廃墟となって朽ち果て、屋根は大きく孔があき雑草が生い茂り大変な状態でした。大地から生えてきたような建築 をつくり 地面との接点を大切にした村野さんからしてみれば、そのまま大地に還りつつあるかのような渾然一体としたありようは、言ってみれば本来の姿かもしれません。木製の窓を包み込むような一つ一つの小さなバルコニーも なんとも可愛らしい造形とスケールで、廃墟となってもなお魅せられる建築の姿でした。

201710kiunkaku.jpg「起雲閣」
201710hakone01.jpg「箱根プリンスホテル」
庭への階段
201710hakone03.jpg「箱根プリンスホテル」
ロビー脇の扉押し板
201710hakone02.jpg「箱根樹木園休憩所」

 * * *

今年もありがたいことに、いろいろたくさんの演奏・舞台に接することが出来ました。
年明け早々の チョ・ソンジン の演奏は圧巻でした。明年もまた早々にリサイタルがあり楽しみです。
イザベル・ファウスト アリーナ・イブラギモヴァ 服部百音 のヴァイオリンも心に残ります。
唄モノを避けて通っている私が妙に気を惹かれて出掛けた 中村恵理 の歌唱には震えました。
舞台では
百鬼オペラ 「羅生門」の不思議な時空体験
斬新な演出に時を忘れた 「リチャード三世」
舞台上の特設客席で間近に楽しんだ 「ハムレット」
などなど・・・
大阪公演を欠かさず観る イキウメ 「天の敵」「散歩する侵略者」
初めて触れた マームとジプシー 「あっこのはなし」「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと──────」
いずれも演劇的仕掛けに満ち溢れ魅せられます。
毎公演出掛けた文楽ですが今年は 通し狂言 がなく 見取り ばかりでやや印象が薄いなか、歌舞伎と見比べた「夏祭浪花鑑」は文楽ならではの面白さを味わいました。
一方の歌舞伎 では その七月歌舞伎の 染五郎「夏祭浪花鑑」とともに 仁左衛門「盟三五大切」が歌舞伎の色気に満ちて見惚れました。 五月の花形歌舞伎での 猿之助「金幣猿島郡」 勘九郎「怪談乳房榎」もとても楽しいお芝居でした。

201701seongjin.jpg201702faust.jpg201710alina.jpg201710alina02.jpg  
201706mone.jpg201711mone.jpg201703eri.jpg
201710rashomon.jpg201711richard.jpg201705hamlet.jpg
201706ikiume.jpg201711ikiume.jpg201709mum01.jpg201709mum02.jpg
201707bunraku.jpg 201707kabuki.jpg 201705kabuki.jpg


展覧会では
夏の豊田の「奈良美智展」 後日ずいぶん経って配送されてきたジャケットサイズの図録で二度楽しみました。
秋の京都の「国宝展」 人だかりで観ることもままならない「燕子花図屏風」「伝源頼朝像」なども 閉館近い夕刻にはまばらとなって独り占め状態 眼前の銘品を堪能できました。

201709nara.jpg201711kokuho.jpg


 * * *

まもなく2017年も暮れゆきます
皆さまのもとによい新年が訪れますよう

20171231nichibotsu.jpg
日没時刻の箕面
雨は降ってはいませんでしたが 西の空も雲に覆われ 日の入りは見ることが出来ませんでした
  1. 2017/12/31(日) 18:37:40
次のページ