建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

オープンナガヤ2014

オープンナガヤというイベントに西田辺へ出掛けてきました。

open nagaya0013


大阪市内には長屋が多く残ります。
「長屋」と聞くと貧しく粗末な負のイメージが湧いたのもでしたが、しかし、かれこれ20数年前でしょうか、市内や近郊の長屋を目にするにつけ、木の門と格子戸と、奥行き一間ほどの前栽をもつ長屋の豊かさに眼を奪われて以来、そのような“貧しい住まい”というイメージが払拭され、庶民の長屋にしてこのレベル・・・と現在の住まいが及ばない敗北感?のようなものを抱いたものでした。

今日訪れた桃が池長屋、間口二間の四軒長屋ですが、本間の寸法取りであって広がりがあり、階高も高くゆったり堂々としたもの、通りに面しての土間から奥の坪庭まで通り土間が続き、とても豊かな空間でした。
その造りを活かして四軒それぞれが個性的で粋な使い方をされている。魅力に満ち溢れた建築でした。

open nagaya001桃ヶ池長屋
open nagaya002open nagaya003
open nagaya004食堂にしたり小物屋さんにした和装やさんにしたり
いずれも粋な造りです
open nagaya007中庭があって明るさと広がりが生み出されています


また、木製の耐震シェルターを組み込んだ長屋も見学させて頂き、長屋の造りに違和感なく溶け込んだ耐震装置はとても参考になりました。耐震だけでなく、手前の間の造り付けの台所の知恵と工夫も素晴らしい(イケアの収納に天板を取り付けた!とのこと・・・)。工事中の様子を含めてとても丁寧に説明を頂きありがとうございました。

open nagaya005杉の耐震シェルターを組み込んだ長屋
open nagaya006アイディアに満ちた造り付けのキッチン

 * * *

地下鉄西田辺駅からJR南田辺駅への道のり、至る所に魅力に満ち溢れた長屋や木造民家が残っています。

open nagaya008open nagaya009
  open nagaya0010
open nagaya0011open nagaya0012
  1. 2014/11/10(月) 10:09:29
<<紅葉真っ盛り 箕面の滝 | ホーム | 投入堂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/464-11416c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)