建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

轉女成男

国立文楽劇場4月公演に行ってまいりました。
今回の公演は
「吉田玉女改め 二代目吉田玉男 襲名披露公演」
と名打たれたもの、おめでたい記念公演ならばこそ、これはぜひ初日午前に訪れて、と相成った次第でございます。

P_20150404_bunraku001.jpg

劇場では午前中は青空が広がり、咲き誇る桜に「二代目吉田玉男」の幟がずらりとはためき、おめでたさも満開!
いざ公演へ

P_20150404_bunraku002.jpg

演目は

「靱猿」

吉田玉女改め 二代目吉田玉男 襲名披露 口上

襲名披露狂言
「一谷嫩軍記」  熊谷桜の段/熊谷陣屋の段

「卅三間堂棟由来」  平太郎住家より木遣り音頭の段

初代玉男さんが好んだという熊谷直実を襲名披露の演目に選んだという二代目玉男さん、以前には勘十郎さんの熊谷直実で観ましたが、がっちりとした体躯で見栄えのする玉男さんの直実もまた、とても見応えのあるものでした。

第一部公演が終わって帰りの観客でごった返すロビーに姿を見せて、お客さんに挨拶されている玉男さんを間近に見ると、思ったほどの身長がなくて、ちょっとびっくり。舞台の上では高い下駄を履いていることを割り引いても、やはり優れた役者さんは舞台上では堂々と大きく見えるものだ、と実感しました。

折角なので記念の手拭いも買い求めました。

P_20150404_bunraku003.jpg

緑の手拭いには白文字で 「轉女成男」 と染め抜かれています。
玉女 が転じて 玉男 に成る まさにその通り。
初代玉男玉男さんは本当にじっと動かない印象で、けれども凛とした圧倒的な存在感でした。
二代目玉男さんにも今後ますます私たち観客を魅了していってくださることを期待しています。
襲名おめでとうございました。

P_20150404_bunraku004.jpg

201504bunraku001.jpg 201504bunraku002.jpg

http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2015/4132.html?lan=j

  * * * 

ついでながらここしばらくの観劇記

■「ハムレット」  蜷川幸雄の80周年!記念作品
ハムレットに藤原竜也、オフィーリア役には満島ひかり、その兄レアティーズ役に満島真之介・・・といった顔ぶれ
舞台が明治初期の日本の貧しい裏長屋なのはなぜ???
狂気となったオフィーリアを演ずる満島ひかりには鬼気迫るものがありました。

2015humlet001.jpg
http://www.umegei.com/schedule/416/

■「三人姉妹」 チェーホフ四大戯曲上演企画 【KERA meets CHEKHOV】 その第二弾
ケラリーノ・サンドロヴィッチの演出はとても素直で、原作のストーリーに忠実に沿ったもの、わかりやすいお芝居でした。
長女オーリガに余貴美子、次女マーシャには宮沢りえ、三女イリーナには、前作「かもめ」に続き蒼井優、さらにチェブトゥイキンには段田安則、中佐ヴェルシーニンを堤真一 とそうそうたる顔ぶれ。「働く」ことに希望を描くイリーナ(蒼井優)の変わりゆく様もさることながら、ナターシャ演ずる神野三鈴さんの変貌、支配・・・
コワイ・・・・・・

2015sanninsimai001.jpg
http://www.siscompany.com/shimai/

この「三人姉妹」、まだ先日観たばかりなのになんともうNHK-BSで放映されます。
皆様お見逃しなく!!!
NHK-BSプレミアムステージ 4/06(月)午前0:00~(4/05日曜深夜24:00~)

■「狂人なおもて往生をとぐ -昔、僕達は愛した-」
清水邦夫の名作、このような筋立てってやはり最近はあまりないのでしょうか?
戯曲読んでちょっと掴みづらかった物語ですが、やはりお芝居は読むものではなく観るもの・・・
私の中でのいわゆる「お芝居らしいお芝居」 に触れた心地

2015kyozinnaomote001.jpg

■「エッグ」 NODA・MAP第19回公演
初演は関西には来なかったので残念・・・(その分WOWOWで観てうさ晴らしましたが)、ほとんど間をおかずの今回の再演!
ともかく観客を飽きさせない、というか釘付けにする、次から次への様々な仕掛け・物語・・・
芝居人とはどうしてこう、何もないところからこんなにも魔法を生み出すのでしょう???

途中、「あれ、何か大事なこと抜かした?」とかで、恐らくはセリフを飛ばしてしまったことまで笑いで包んで取り込んでしまう野田秀樹に、「ミスした挙句に逃げるなーーー」とかで応ずる橋爪功さん、お二人とも流石の軽妙なやり取りでした!

2015egg.jpg
http://www.nodamap.com/egg/

  1. 2015/04/04(土) 22:34:25
<<紅テント | ホーム | 2015札幌建築巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/474-a0638070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)