建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

劇的!大改造ビフォーアフター 「命がけで背伸びする家」

劇的!大改造ビフォーアフター 「命がけで背伸びする家」、放送から一夜明けました。

私自身はあまり積極的にPRせず失礼しましたが、それでもさすがに人気番組、多くの方々に視聴いただき、番組終了後から、というより放送中から多くのメールなどを頂き、ありがとうございました。
自分の姿・言葉を日曜夜のTVで見るなんてそんな不思議な体験、とても素面では無理・・・と、お酒を飲んでいれば、番組が終わった頃にはすっかり出来上がり、昨晩放送終了後に頂いたメールにも何通か返信させて頂きましたが、へべれけ状態で、文面怪しかったら大変失礼しました。
番組を見ていて、もう大阪暮らしも30年以上、京都暮らしを含めれば関西に40年近いのに、私ってやはり大阪弁がしゃべれないなぁ・・・などと、ヘンなところに反応しておりました。

工事そして放送は無事終わりましたが、依頼者の方の生活はこれからが始まりです。
新たな格闘(!?)が、まだまだつづく・・・です。
これからこそ丁寧にかかわっていきたいと、一夜明けて少々重い頭で思う次第です。

まずはともかく

視聴くださった方々
このような機会を与えてくださった番組制作の方々
無理難題と過酷なスケジュールにお付き合いいただいた施工の皆さま
何よりも
いったいどんな住まいにかわるのか、不安の日々を過ごされた依頼者のお二方

どうもありがとうございました

 * * *

番組公式サイト内 「命がけで背伸びする家」
http://asahi.co.jp/beforeafter/list/d00155ijhd.php
  1. 2015/06/08(月) 09:57:38
<<訃報 | ホーム | 観劇・感激 「フィガロの結婚」 「聖地 X」>>

コメント

素晴らしいお仕事に家族で感動!

木村さん、こんばんは。
facebookでもコメントさせていただきましたが、本当に素晴らしいお仕事でした。
番組は録画して、家族皆で拝見しましたが、皆が「すごい!」「あ~木村さんらしい」とそれぞれに声をあげておりました。
中でも皆の評価が高かったのは、やはりあの書道用のデスクですね。義母も水墨画をするのですが、私もほしい!と申しておりました。
可動式でトレース用の窓を設けた机と言うだけでなく、道具を配置するトレイを用意して
制作に取りかかりやすくするというところが木村さんの心配りの素晴らしいところだと思います。
制作環境がこのように整うことで、制作への意欲や集中力が高まり、そこから生み出される作品にもそれは大きく反映されるに違いありませんね。
住まいは生活者の生活を通してこそ評価されるべきものだと思いますが、構造的な住みやすさだけでなく、
生活者の生活の有り様を如何に深く想像して、創り出すことができるかどうかが肝心なのだと思います。
我が家では、子ども室はある訳ですが、リビングの居心地が良く、娘たちは今でもリビングの大きなテーブルで学習に勤しんでいますし
リビングの隣の音楽室でピアノを奏でます。
テレビがリビングではなく音楽室にある関係で、リビングでの会話をテレビに遮られることはありません。
妻は日常の空間から最も遠い書道室で作品制作に打ち込み、2年前と本年、「みえ県展」で優秀賞を受賞することができました。
ビフォーアフターのような派手さはありませんが、木村さんの手による我が家は、私たち夫婦が意図した生活を
見事に実現していただいているという点で、同様に質の高い住まいだと自負しています。
生活者の生活と結びついて、生活者のQOLを豊かにすることができる住まい造りに取り組んでみえる木村さん。
私たち家族はその姿勢に共感し、深く信頼すると共に、今後のご活躍を願ってやみません。
この放映で、多くの方が木村さんの住まい造りに関わるきっかけになりますように。
これからも家族みなで応援しております。
  1. 2015/06/09(火) 00:08:35 |
  2. URL |
  3. Jun. #-
  4. [ 編集]

書道教室

録っておいたビデオ今拝見し、感動しました、私も書道教室を開いてます、水墨画もやっております。あの道具箱なんて素晴らしい❗もう欲しくてたまりません
作っていただけませんでしょうか?
又あの巻き物入れ、あんなものがあったらどんなにしあわせでしょう?これは工事もいることで無理でしょうが…
道具箱もし譲っていただけるならお知らせください、宜しくお願いします🙇⤵
  1. 2015/06/10(水) 18:33:03 |
  2. URL |
  3. 荻野澄江 #wTsqht4Q
  4. [ 編集]

素敵でした

コメントをつけたいと思いつつ、遅くなってしまいました。
娘がつけていた番組を一緒に何気なく拝見しておりました。
長屋の建て替えという難題、しかも築50年ともなる古い建物の大改造を一体どんなふうに改良されるのか興味深く拝見していましたが、とても素晴らしく細やかな配慮の行き届いた出来映えに思わず、わぁさすが匠!と唸らずにはいられませんでした。
それにも増して木村さんの優しくおだやかなお人柄にも心が温かくなれたひとときでした。
世知辛い世の中、こんな素敵な人もいてくれるんだ…とうれしくなりました。
幸せ気分をありがとうございました。
  1. 2015/06/10(水) 22:00:56 |
  2. URL |
  3. サリー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿ありがとうございました

Junさま、荻野さま、サリーさま

皆さま、番組の視聴ならびにコメントの投稿ありがとうございました。あたたかいお言葉に感謝いたします。
昨晩、工事を担当くださった工務店の現場監督・そして大工さん四名と私とで、慰労会を行ったところです。苦労話もよい肴となって盛り上がりました。
ほんとうに皆さまありがとうございました。
  1. 2015/06/12(金) 08:58:53 |
  2. URL |
  3. info@tetsuyakimura.jp #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/480-d65a3150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)