建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

アンチゴーヌ

素晴らしかった
ここまで舞台に入り込んで魅入ったのも久しぶり

舞台「アンチゴーヌ」を観てきました

お芝居には、物語が面白い セリフに魅かれる 役者がいい などいろいろと魅力がありますが
ともかく今日のこの舞台は 役者の生身の圧倒的な力 に尽きました
余分なサーヴィス精神(?)も一切ない ともかく直球勝負の物語りでの しぐさ・表情・動き・セリフ
そして それを肌でじかに感じ 飲み込まれることを可能とするのは 四つの島状の客席が囲む十字形の舞台
そこに置かれた二つの椅子があるのみ 余分なものは一切ありません
役者の存在そのものしかない
蒼井優 と 生瀬勝久 の二人を中心に ともかく濃密な空間・時間

感情・本音に誠実であり続けようとするために命をも落す アンチゴーヌ
王ゆえに 大人ゆえに 制度・建前に忠実であろうと苦悩し命を奪う クレオン
そして 本音も建前もなく 言われるままに安穏な日々を流す 衛兵(に代表される一般市民?)
大人になること は 果たして 制度・建前 に心と身体をゆだねてしまうことなのか・・・

物語り後半での 蒼井優と生瀬勝久との息をもつかせぬセリフの応酬
法で裁かれる側のアンチゴーヌが クレオンを人として裁き追い詰めていくさまはまさに鳥肌ものの迫力でした
そして 十字形の舞台が十字架を思わせ 途中その舞台の交点に蒼井優がうつ伏せに両腕を広げ十字となって静かに伏せて
十字架に十字架が重なって見える瞬間には はっとさせられます
交差する二本の直線状の舞台は 離れて対峙する役者を舞台間近に設けられた客席からは同時には視野には納めきれない
その距離感も素晴らしく効果的でした

緊張感が一瞬たりとも途切れることなく
途中休憩なしの 濃密な2時間10分
あまりに見入りすぎてしまい
観おわった後はしばし ぼぅー として虚脱感・・・
現実に還るのに時間がかかりました

antigone.jpg
  1. 2018/02/12(月) 19:03:05
<<名古屋 丸栄百貨店 | ホーム | 古民家の防寒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/539-ccf405a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)