建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

弥生三月 三浦文彰

早いもので今日から弥生三月
あんなに寒かった日々もひと段落
今日は幾分和らいで春らしい朝です
そして春らしく風も強い・・・

朝事務所までの道すがら
早くも枝垂れの梅が咲きほこるさまを眼にし
歩道脇の植え込みには鮮やかな黄色の花
箕面川の川面にはつがいの鴨

僅かに一日の違い 如月 が 弥生 に変わったとたんに
なんだか急に世界が変わったような心地がいたします

P_20180301_090859.jpg

P_20180301_091153.jpg

P_20180301_091325.jpg
川面のゴミ(ビニル袋)が悲しい・・・

  * * *

ゆうべ 大阪いずみホールでの 三浦文彰さんのリサイタル
聴き惚れてきました
三浦さんはくつろいだ雰囲気で登場し 美しい音色を響かせます
ピアノのイタマール・ゴランさんももちろん単なる伴奏ではなく
まさしくヴァイオリンとピアノとの一対一の応酬で
けれども互いにも寄り添い
曲目も聴きごたえのあるプログラムでとてもよい夜でした

20180228miurahumiaki.jpg


このお二人を初めて聴いた苦い記憶
2011年7月6日のザ・シンフォニーホールでのリサイタル
前日夜遅くまで京都でお酒を飲んでいて睡眠不足
加えて席がたまたまなんとまあ最前列中央
朦朧とした心地で三浦さんの脚ばかりを眺めていて
ピシッと折り目の付いたスラックスだな・・・
ピカピカに磨かれた靴だな・・・
そんなことばかりが頭の中を巡っていた
情けない・・・

昨晩のいずみホールではちゃんとわきまえてステージからは距離を置いて中央横通路に面した席を確保
その頃からの成長のあかし?
観るにも聴くにも最善の席で堪能してまいりました

三浦さんはつい先日の兵庫県立芸術文化センターでの
「下野竜也×三浦文彰 ザ・スコットランド」 も楽しんだばかり
この時のプログラムもスコットランドゆかりの演目でとても良かった
そしてこの二人とあってアンコールが
「真田丸」メインテーマ
加えて 三浦さんも第一ヴァイオリンの席に加わってのもう一曲
「西郷どん」メインテーマ
充実した演奏会でした

P_20180217_175409.jpg
終演後はサイン会と撮影会
下野さんのはじける笑顔!
  1. 2018/03/01(木) 10:25:15
<<川上未映子×マームとジプシー 「みえるわ」 @味園ユニバース | ホーム | 知多半島半田 町巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/542-015cbf7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)