建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

川上未映子×マームとジプシー 「みえるわ」 @味園ユニバース

連夜のお出掛けで恥ずかしいですが
昨晩の

川上未映子×マームとジプシー 「みえるわ」

いやはや 凄かった

20180301mieruwa.jpg

圧倒的な 言葉!言葉!言葉!

怒涛の如く降りそそぐ 詩の研ぎ澄まされた言葉の群れ

しかも
それらのすべてが たった一人の役者さんの口から語り尽される
詩と詩の合間もその役者さんは袖にもひかず
舞台上で意匠を着替え メイクを整え のどを潤し

舞台の上には
恐竜の骨のような流木
足踏みミシン
マネキン
木箱に入った眼科の眼鏡処方用のレンズ群

そして小屋は大阪 味園ユニバース
赤い壁の階段を下りて地下に潜る
昭和の夢の詰まった 異空間
ネオン管?の不思議なステージ背景
天井に浮かぶ 惑星のような色とりどりの球体
1970大阪万博を思い起こさせる仕掛けの数々
一歩外に出れば 猥雑な なんばの裏街

そこに
とめどもなく降りそそぐ大阪弁の詩句
突き刺さる先鋭的な音楽

この空間に
このパフォーマンス

まいりました

全国各地の公演もそれぞれに刺激に満ちてはいるのでしょうけれど
でもやはり この大阪公演でよかった

むかしむかし大学生~20代のころに足を踏み入れていたアングラ小屋を彷彿させる時間と空間
濃い とても 濃い 70分

前夜の公演では 終演後に川上未映子さんと藤田貴大さんによるアフタートークがあったのですが
三浦文彰さんのリサイタルがあってこの夜に・・・ 重なるものです 残念ながら
アフタートーク 聞きたかったです

  * * *

舞台の前後に
この 味園ビル を探検(?)
滝の周りを巡るスロープで2階に至れば
ビルの中には昭和のにおいぷんぷんの
アヤシイお店がぎっしり詰まった裏路地の風情

毎年秋に開催される「生きた建築ミュージアム」でも
この味園ユニバースのガイドツアーが催されていましたが
これまで参加が叶わず

昔から前はよく歩いてはいましたけれど
その怪しげな雰囲気になかなか足を踏み入れられず
ようやく昨晩が初体験

不可思議にして面白い異次元ビルでした

20180301misono01.jpg

20180301misono02.jpg

味園ビル
1955
設計 志井銀次郎
(「生きた建築ミュージアム」公式ガイドブックより)

川上未映子×マームとジプシー 公式サイト http://mum-gypsy.com/news/4108
味園ユニバース 公式サイト http://universe.osaka/
  1. 2018/03/02(金) 12:53:28
<<小曽根真 & 児玉桃 ピアノ・デュオ | ホーム | 弥生三月 三浦文彰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/543-c6372b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)