建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

「山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて」

京都工芸繊維大学美術工芸資料館で開催中の
「山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて」
にこの週末出掛けてきました。
土曜日は好天で 予想最高気温が30度!
そんな京都に出向くのは気が重かったのですが、気持ちを切り替えて・・・
午後からのシンポジウムに備えて午前中に展覧会を拝見しようと早めに出掛けますと、ちょうどパネラーの和泉正敏氏がお見えになったタイミングで、松隈洋・木村博昭両先生が和泉氏を案内して展覧会場をひと巡りするのにちゃっかり便乗、図面や模型を前に和泉氏が語られるいろいろなエピソードをお聴きすることが出来て、まさしく 「早起きは三文の徳」、wormをちゃっかりゲットしたearly birdの気分でした。
オマケでついて回る得体のしれないワタクシにも和泉氏は穏やかに丁寧に接してくださり、「懐の深さ」 と言いますか、「実るほど頭を垂れる稲穂」 を絵に描いたようなお方でした。

山本忠司・・・学生時代からその名前は頭に刻まれ雑誌などで代表作の 「瀬戸内海歴史民俗資料館」 は眼にしていましたが、残念ながら実物は拝見したことがありません。かつて20代の頃勤務時代に高松には仕事で度々出掛けていまして、当地の人は建築関連の話題となりますと二言目には、いや一言目から 「金子知事 山本忠司」 そして 「イサムノグチ 和泉正敏」 と口にされていました。案内してもらっておくのでした・・・
瀬戸内海歴史民俗資料館 の他に 展示で初めて知った 喫茶 「城の眼」 何とも居心地のよさそうで薫り高い空間 あのような場で美味しい珈琲と良い音の音楽に浸ってみたいものです。
午後からのシンポジウム
和泉正敏氏は口数も少なく朴訥とした語り。本人曰く、何億年何十億年という存在の石と向き合う日々であり、人と対話するような時間があったら石と対話したい・・・と。相手にしている時間の長さ深さがもう超越しています。
そして終幕で司会の松隈先生が会場に来られていた浅田彰氏をいきなり指名されて感想を求められたのですが、(少し後ろの席にいました私はその時浅田氏は配布された冊子をパラパラとめくっていてまさに不意打ちであるのを目の当たりにしていました) しかしまあ浅田氏の凄いこと!ご自身と香川の建築の縁に始まり、次第に熱を帯びてモダニズムの解釈についても一刀両断、モダニズムとは本来が重層的なものであり、薄っぺらな均質なものではない と。山本忠司はモダニズムから風土・地域性に回帰したのではなく、香川の山本や愛媛の松村正恒らこそが純粋なモダニズムではないか、そして最後にはちゃんと和泉氏にお話しが繋がっての見事な話しの締めくくり、いやはや本日の一日は最後のこの発言に凝縮されました。

yamamototadashi.jpg

「山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて」公式サイト
http://www.museum.kit.ac.jp/20180322.html
  1. 2018/04/23(月) 13:41:03
<<半田再訪~高槻ジャズスト・・・平成のGWを終えて・・・ | ホーム | 「アンチゴーヌ」 と 「アンティゴネ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/546-614a38ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)