建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

彼岸花 ~ 秋の休日阪大で音楽三昧


連休の日曜・月曜と続けて近くの大阪大学でのイベントに出掛けた帰り 田んぼの畔に彼岸花
いつの間にかすっかり秋になりました

20180917higanbana (1)

20180917higanbana (2)

日曜日9/16は「ワンコイン市民コンサートシリーズ」での 武久源造・ピアノの発見第四章<ピアノ二都物語>
1800年代初めごろにウィーンとロンドンでそれぞれ作られた二台のスクエア・ピアノという古いピアノでの演奏会
現代の大音量で響き渡るグランドピアノとは一味も二味も異なるコンサートを満喫
古楽器ゆえに内部の部品が折れてしまったとかで武久さん自ら途中修理をしながら、というのも ならでは のコンサートでした

20180916Squarepiano.jpg
そのピアノはこちらで聴くことができます

翌17日の祝日は阪大博物館のプログラム「記憶の劇場」の一環の
「TELESOPHIAと芸術・文化・生活」日本ジャズのTELESOPHIA 「JAZZICTIONARY-ことばが奏で、ピアノが語る日本ジャズ史-」
というイベントで、こちらは阪大が所有する1920年製のベーゼンドルファーによる渋谷毅さんのピアノソロコンサートと、さまざまな企画に携わってこられたプロデューサー川村年勝さんのお話し。静かで深い渋谷さんの演奏は素晴らしく、また、川村さんが披露するかつての熱い時代の数々のエピソード、とても興味深く伺ってきました。そして1983年の屈斜路湖ジャズフェスティバルの記録映像、ヒノテルとタモリのトランペットバトル(!)など30分近く流されました。
あの頃といえば関西の私自身はライブ・アンダー・ザ・スカイや琵琶湖バレイなどに通っていましたが、当時のジャズフェスの空気・ジャズの曲調などを思い出して懐かしかった・・・
たまたま大阪に来られていて駆けつけてくださったという金子マリさんも渋谷さんの伴奏で2曲歌ってくださり、あっという間の3時間でした。

20180917jazzictionary.jpg


大学ではこの子たちのお出迎えもあってご機嫌な二日間でありました。
20180916handaicats.jpg
  1. 2018/09/18(火) 12:54:14
<<2018年夏の建築巡り | ホーム | 生誕110年 東山魁夷展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/555-30f96b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)