建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

2018年度上方文化講座 『妹背山婦女庭訓』

先の建築日記に続いてようやくの夏の宿題第二弾、夏の終わりの上方文化講座受講録です。
色々なものがたて続けに壊れてしまったこの夏の終わりに、ノートパソコンの液晶画面までもが壊れて映らなくなってしまい、その修理が9月の下旬までかかってかように遅くなってしまいました。(とは単なる言い訳・・・?)

その前に
この夏、歌舞伎では高麗屋襲名披露の華やかな公演で 「女殺油地獄」 を観劇、文楽の派手に滑りまくる与兵衛を生身の人間がどのように滑るのか興味津々でしたが、さすがに生身とあってかなりリアルに油にまみれて滑って滑って!楽しめました。(が、勘十郎さんも観劇されたそうで、上方文化講座で一言コメント 「滑り足りない」 と物足りなそう、派手に滑るさまを人形で遣う師ならではの感想?でした。)
文楽では第2部名作劇場の 「卅三間堂棟由来」「大塔宮曦鎧」 を観劇しましたが、加えて文楽素浄瑠璃の会 「和田合戦女舞鶴 市若初陣の段」「曲輪文章 吉田屋の段」 を楽しみました。
上方文化講座で素浄瑠璃にも目を開かせていただき、一度文楽劇場の公演に と思いつつもなかなか日が合わずで延び延びになっておりましたのが、今年はやっとかないました。初めてのことゆえ事前にそれぞれの演目の床本を読んで劇場に出掛けたのですが、ちゃんと劇場の方でも解説を用意してくださっているのですね。語りの前に上方文化講座ご担当の久堀先生が舞台で芝居の成り立ちから背景あらすじ、そして聴きどころなどを丁寧に解説くださり、床本を読んだだけではチンプンカンプンでした和田合戦なども 「ああ、そういうことだったのか・・・」 とようやくわかった上で語りに接することができ、素浄瑠璃の魅力に触れることが出来ました。
この公演では素浄瑠璃の後、歌舞伎の仁左衛門さんと語り終えたばかりの咲太夫さんのお二人による、吉田屋についてのトークがあり、これがざっくばらんなお話しで楽しいものでした。

さて
今年の上方文化講座の演目は平成28年4月の国立文楽劇場でも通しで上演されました 「妹背山女庭訓」、その際には一日がかり10時間ほどで第一部第二部を通して観ました。第二部途中では意識が途切れながらも・・・

今回の講座で取り上げられましたのは、妹山背山の段ではなく 杉酒屋の段から金殿の段に至る四段目でした。
平成28年の公演の際には通しと言いながらも初段から忠実に順を追って ではなく、二段目が二つに割られて第一部が 〈初段+二段目のごく一部+三段目〉、第二部が 〈二段目+四段目〉 という分け方で上演され、別段気にもしていませんでした。公演パンフレットには、作品の中の二つの大きな流れを分けてそれぞれ楽しめるように、と書かれていましたが、今回の講座では種明かし、なるほど・・・興行上の理由であったのね!
そのままの流れで行くと、第一部が初段と二段目となって地味で見せ場に乏しく、吉野川を挟むあの妹山背山の段と道行恋苧環や金殿の段などが第二部に集まってしまって、そうなれば当然お客は第二部に集中してしまう というのがどうやら真相のようでした。もちろん観る側としても見せ場があちこちに散らばってくれた方が意識が継続して観ることができるとは思いますけれど・・・
そして、妹山背山の段についても、舞台の造りから左右二つの床での語りの変遷が丁寧に解説されました。
先行作の 「役行者大峯桜」 では男女をそれぞれ別の太夫さんが語るというつくりであり、対峙する双方の家には男女それぞれが含まれ従って語りの床は家別とはならず同じ一つの床であったようです。それが妹背山では、それぞれの家の登場人物を男のみと女のみに分ける工夫により、太夫の語りを男女で分ければすなわちそれぞれの家毎になり、吉野川をはさんで上手下手に分かれる妹山背山そのままに、大夫の床もそれぞれに側に分けることが可能となって効果的な演出となったとのことです。当初太夫三味線は舞台のうちに隠れて語っていたものが時代の流れの中でやがて御簾内の語りとなり、そして出語りとなって床の位置も現在のような舞台側方上手側となりました。妹背山も語りの床が妹山背山と別れていたとしても、当初恐らくは客席からは見えない位置であったものが出語りとなり、吉野川を挟んで上手下手に妹山背山の屋敷が対峙する形とともに床もまた双方の位置に設けられた現在の姿となって、視覚的にも非常に演出効果大となったようです。初めて妹山背山の段を見た時は、左右に広がる舞台の迫力に圧倒されたものでした。
その上なんとまあ、江戸時代の道頓堀での芝居小屋は通りの南側に建っていたため、舞台の上手は現実の方位では西、下手は東となって、
上手の背山=父と息子=西風(竹本座の芸風 男性的)の語り口=地理上の西
下手の妹山=母と娘=東風(豊竹座の芸風 女性的)の語り口=地理上の東
と見事に一致、現在の国立文楽劇場では舞台は客席から見て北側ですので残念ながら上手は東、逆転しています。
もっとも江戸時代の芝居小屋のような半屋外の造りではなくコンクリートのビルの内部の劇場ですので方位を意識することはありませんけれど・・・。
それでもそんなこんなの事を知れば、一層演目が親しく感じられます。

そして今回の講座の四段目
なんとまあお三輪が一途で可愛らしくあわれを誘い、求馬は ‘いい男’ を武器に二人の女性を手玉に取る、なんといかすけない奴なのでしょう!
「疑着の相」 ある女の血を得んがためにお三輪に恋をさせた上で嫉妬に狂わせて殺して生き血を得る・・・
現代の感覚で物語りの善悪や展開を裁いてはダメを承知で、でもやはり なんとまあ! と思ってしまいます。
しかも
お三輪が怒り狂っていたのは嫉妬もさることながら官女からの辱めの部分も大ではないの?
とか
刺した鱶七から真相を明かされて 「嬉しい」 と言って息絶えればもう 「疑着の相ある女の血」 ではなくなってしまわないの?
などと突っ込みを入れてしまいたくなります。
現代の尺度を持ち込めば、演目の 「女庭訓」 自体がもうセクハラだらけで話が成り立っていきませんけれどね。

さて、今年も技芸員の皆様は含蓄あるお話しをたくさん披露してくださいました。
町娘 (お三輪) とお姫様 (橘姫) の演じ分けについて
津駒太夫さんは、語りのスピード・テンポ、語尾のちょっとした上げ気味加減で語り分けられ、
清介さんは、音は変えず間を変える、と仰っていました。
人形遣いの勘十郎さんは、お姫様は型があって演じやすくお姫様らしく見せやすいのに対して、十五・六の町娘というのがとても難しい、と仰っていたのが印象的、ほんの何気ない仕草によってこの年齢の娘らしい可愛らしさが醸し出せるのだそうです。杉酒屋の段の冒頭、お三輪がほうずきを揉みながら帰ってくるシーンのちょっとした仕草のむつかしさを、そしてその場面を遣う蓑助師匠のお三輪の可愛らしさを語ってくださいました。

お三輪をいじりまくる官女の場面では
津駒太夫さんは、下品ではあっても官女として下世話になりすぎないようテクニックが必要と話され、なるほどなるほど・・・
勘十郎さんは、この場面三人遣いの官女で演ずることもあるけれど、ツメ人形の官女の方がお三輪も引き立ち面白いと仰っていました。そのツメ人形の数もわずかな人数でさも大勢でいじめ回しているように見せると・・・。
講座のおしまいの質疑応答の際に文楽の魅力を問われての回答に今年もまた清介節が絶好調なのでしたが、清介さん曰く、文楽はスピーディで面白い、それに引きかえ歌舞伎のなんと冗長なこと!と仰っていましたが、今回の講座の後で私は歌舞伎の金殿の段をYouTubeで見て文楽の同場面と見比べました。本当に歌舞伎は長い!延々続く。そしてまあなんと大勢の官女がお三輪を執拗に執拗にイビルことイビルこと!
清介さんの言うスピーディ とか、勘十郎さんの言う数体のツメ人形で というのが実に良く実感できました。

今回の講座の最終日にはその金殿の段を実演いただいたのですが、なんだかいよいよこの講座の実演も本格的になってきました。
二双の金屏風の背景、手前の手すりもちゃんと二重、下手には人形出入りの衝立も設けられ、舞台の設営も本格的。
演ずる人形遣いさんも数人の官女のツメ人形に加えて、鱶七には先頃襲名されたばかりの吉田玉助さんも今年も加わってくださって、ほぼ金殿の段をすべて上演。やはり人形一体のみでは実演はあくまで実演、物語りにはなりづらいですものね。
狭い舞台をものともせず、熱の入った実に見ごたえのある舞台でした。

その後の質疑応答で、復曲についての質疑に答えての清介さんのお話しですが、
歴史の中で途絶えてしまった作品というのは、面白くなかったから廃れた、従って歴史的に正しく復曲しても面白くない作品が再現されるだけであり、「正しく」 よりも 「面白く」 を意識して復曲する という旨のお話しをされましたのが印象に残ります。
折角復曲してもまた廃れてはその演目は受け継がれてはいきませんものね。
過去の講座でも、技芸員の皆さまは常々古典作品には敬意を払い、改変を加えずそのままに丁寧に次代へ継承していくことの大切さを話されていましたが、古典の骨格を維持しつつも演出のちょっとした工夫や復曲の気配りなどで新たな魅力を加えながら次の時代へ作品を繋げていかれるのだな、と感じました。

ところでいろいろと天候に悩まされましたこの夏、講座にも天気の意地悪がございました。
近づく台風に警報の発令が予想され、そうなれば大学としてはおのずと休講になります。
大学の方々は台風予想の情報収集と対応に尽くされ、最終日8月23日の講座予定を前日に急遽変更して、午後であった舞台実演を午前に、午前の講義を午後に差し替えられました。
そして23日当日、午後3限目中にはとうとう暴風警報が発令されて4限目の講義が中止となってそのまま今年度の上方文化講座は終講となりましたが、素晴らしい舞台の実演はちゃんと午前中に堪能できたのです。
大学側の対応ももちろんですが、技芸員の方々や舞台の設営などスタッフの皆さまの柔軟で臨機応変の対応があったからこそです。午前中の実演のためには設営準備など朝早くからのご苦労もあったことと思います。
数年前でしたが国立文楽劇場で本公演上演中に停電があった際に、太夫三味線人形遣い皆さま一向に動ぜず、懐中電灯で人形に光を当てながら何事もなかったように上演を続けられたということがあり、お客さんの中には演出かと思った方もいらっしゃったそうです。さすが伝統のチカラ!本物のプロフェッショナル!と報じられて、そのニュースを感心して読みました。それに比すればどうということもないことでしょうけれど、突発的な事項にもさらりと柔軟に対応するというのはなかなか出来ないものだと思います。
皆さまには心より感謝申し上げます。
残念ながら中止となってしまいました4限目の
人形浄瑠璃の「現代」が始まったころ─「無知な観客」の歴史にむけて─
という講座は配布されたレジメを持ち帰った自宅で読みました。
大大阪の時代を背景に、劇場の構造の変化と観劇の作法などの変化を取り上げられたのであろう資料を読んで、この講義は是非ともまた来年以降に!と期待を持ち越します。

来年の講座も楽しみです。

2018kamigatabunkakouza.jpg
  1. 2018/09/24(月) 16:40:24
| ホーム | 2018年夏の建築巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/557-170a2c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)