建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

「夏物語」 と 「まほろば」

川上未映子さんの 「夏物語」 を読みました。
文学界2019年3月号と4月号とにわたって掲載された長編です。
著者の芥川賞受賞作 「乳と卵」 と同様の設定から始まる物語 ということですが、「乳と卵」 を読みましたのも随分昔でさてどのようであったのか・・・、私の中ではシンクロせずにまったく新しい物語として読み進めました。
これが実に読み応えがあって・・・!

「AID」 - この物語を読むまではまったく見たことも聞いたことのない単語でした。
「artificial insemination by donors」 日本語では 「非配偶者間人工授精」 
第三者からの精子提供による人工授精を意味します。物語りは、この方法によって子を授かろうと考える単身女性を中心に、その姉と姪、離婚して一人で娘を育てる同業の友人、そしてAIDによって生まれた男女などが絡み合って進んでいきます。なぜ人は(女は)子を産み育てるのか? 子は望まれて、あるいは望んで生を受けるのか? 夫婦とは親子とは? 重い重いテーマであり、かつまた、子供を産む性でもない男の私には不可知不可侵な領域なのですが、ともかくぐいぐいと惹き込まれて読み進まされます。筆の力・・・物語りを紡ぐ作家の力というものは本当に凄いものですね。
単行本化前の作品ですので詳しいストーリーなどは控えますが、今夏に刊行予定とのこと、どうぞ皆さまご一読ください。

bungakukai201903.jpgbungakukai201904.jpg


たまたまそんな折に観てまいりましたお芝居 「まほろば」
蓬莱竜太さんの戯曲を新たな演出で上演したもので、男性は一人も登場せず長崎の旧家に集まる4世代6人の女性のみで展開するある家族の一日の物語。
「夏物語」 とはアプローチも全く異なるものですが、こちらもまた 妊娠=子を授かる ということが話しの中心に据えられ 女性の生き方 や 家という制度 が問われています。
ともすれば重くもなりがちなテーマが、笑いなどにも包まれて明るくも深くも考えさせられるあっという間の2時間でした。

201904mahoroba.jpg

 * * *

住宅を設計する立場からすれば、近世の住宅ののち 明治~大正期にはさまざまな住宅改良運動が展開し、家長中心の住まい あるいは接客中心の住まい から、家族中心の住まい そしてプライバシー重視により個室化して家族の希薄さが問題となるに至るまで、常に理想化された家族像と住まいのあり方とがセットで語られてきました。けれども、そのような理想化された家族 (= ごく普通とされた家族) という像が実は少数派でしかないと明らかになったのち、住まいのつくられ方も実に多様になったと思います。さまざまな家族のありようがいずれも突飛なものではないならば、住まいのあり方にももはや突飛というものはないのでしょうね。
ひところそのようなアプローチからの住まいの組み立てにも興味を持ちましたが、私自身の設計ではなかなか踏み出せず・・・
家族のありようなんて百態百様 と思う一方、人間の日々の暮らしなんてものにどれほどの差異があろうか・・・とも思ってしまいます。

 * * *

住まいと家族制度との係わりの際にしばしば建築界にも引っ張り出された(?)上野千鶴子さん、もちろん非婚ですとか家制度ですとかの第一人者ですが、怠惰な私は建築との係わりも含めその言説にはこれまで触れずじまい・・・。
その上野センセイの東京大学入学式での祝辞が先頃話題になりました。
私も東大のサイトを訪れ、新入学生のような初々しい気持ちにはなれなくとも、心に刻みつつ全文拝読しました。
読み進むうちに 気持ちが “気をつけっ!” の姿勢になります。

それにしてもニュースで見た映像、東大の入学式では先生方 あのような衣裳をなさるのだ・・・びっくり!
上野センセイも某所で 「イギリスかぶれの角帽ガウンのコスプレ」 なんて仰っていらっしゃいますが、こちらの方が印象深かったりして・・・いえ、失礼しました、折角気持ちが 気をつけっ  しましたのに・・・
  1. 2019/04/25(木) 18:15:37
<<「令和」 の幕明け | ホーム | 韮山~熱海~八王子~厚木 建築巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/570-d627cf2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)