建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

夏のおもいで

まだまだ日中は暑い日が続きます。しかし、朝晩はすっかり涼しくなりました。
日本の美しい曲 「夏の思い出」(曲:中田 喜直 詞:江間 章子)では夏が来ると思い出すのですが、こちらは夏が過ぎて思い出す、という曲をふたつ・・・

■「過ぎし夏の想い出」The Things We Did Last Summer
曲:Jule Styne 詞:Sammy Cahn 1946年の美しい曲です。

Buddy DeFrancoがアルバム『Jazz Tones』で素晴らしい演奏を聴かせます。クラリネットが美しく鳴り響く8分超、DeFrancoのテクニックも曲の美しさもあますところなく詰まっています。1953年『Mr.Clarinet』と同日の録音、最も脂の乗り切った時の演奏です。同年のシカゴ・ブルーノートでのライブでも演奏していて、「one of my favorites」と曲を紹介しています。『Jazz Tones』では“If I Should Lose You”をはじめ絶品の演奏の目白押し、その中でも白眉の演奏と思うのがこの“The Things We Did Last Summer”、家宝にしたいCDです。
jazztone.jpg

Roy Hargroveも1992年の第3作『The Vibe』で演奏、まさに上り調子の若きトランペッターの艶のある演奏がとても心地よいです。
アルバムタイトルにもしていますのが、Bill Charlap 率いる New York Trio、日本人好みのVenus盤だけあってツボを得た軽やかなピアノトリオ演奏。『The Things We Did Last Summer』2002。
ヴォーカルではSammy Davis Jr.とCarmen McRaeとによる『Boy Meets Girl』1957、若き日の張りのあるCarmenの歌声に聴き惚れます。
vibe.jpg The Things We Did Last Summer Boy Meets Girl


■「おもいでの夏」The Summer Knows (Theme from "The Summer Of '42")
曲:Michel Legrand 詞:Marilyn & Alan Bergman 1971

この有名曲、やはりArt Farmerのフリューゲル・ホーンが美しい、その名もずばり『The Summer Knows』での演奏が筆頭でしょうか。1976年録音、日本制作のはしりの頃の盤だそうで、日本人の琴線にふれる選曲なのですが、Art Farmer自身はこの曲を知らなかったのだとか。Bud Powellの“Cleopatra's Dream”といいSonny Clarkのピアノといい、日本人のJazzの感性と欧米のそれとはやはり異なるようで、この曲などは日本人好み、アルバムでこの曲に続く「カーニバルの朝」もまたしかり。それにしても、このリリカルに美しい演奏を聴いていると、全ての夏のおもいでが切なく美しいものに思えてしまいます。
The Summer Knows 

そのArt Farmerのソロをたっぷり聴かせた後にディープに歌うのがKeiko Lee、ヴォーカルでのお気に入りです。1997年のアルバム『Beautiful Love』、ここでは絶品の“My Romance”などいずれも名唱。ピアノはKenny Barronで悪かろうはずがありません。ポピュラー寄りのKeiko Leeはあまり聴きませんが(「秋桜」は別です、世代のなせる業でしょうか?)、初期のジャズアルバムはとても好きです。
Sarah Vaughanが作曲者Michel Legrandと組んだ『Sarah Vaughan With Michel Legrand』ではこの曲がオープニングですが、私にはちょっと大仰しい感じ。悪くはないのですが・・・。72年、早々の録音。
復帰後のArt Pepperはアルバム『Trip』1976で取り上げ、晩年の山形ライブでも演奏しています。1978年3月14日『Live In Japan Vol. 2 / The Summer Knows』
録音時20歳の若きDominick Farinacciは既に風格を備えた落ち着きのある演奏。『SAY IT』2003年日本制作。
Joe Passの味わい深いソロ・ギターは『a la Salle Pleyel』 同じくLegrandの“ What Are You Doing The Rest Of Your Life”とのメドレーです。Oscar Petersonとの1975年のパリでのライブ。
ピアノトリオではSteve Kuhnが美しい。やはり日本人好みのVenus盤。『TEMPTATION』2001

Michel Legrand自身の演奏は・・・映画「おもいでの夏」のサントラ盤LPが、おそらくまだ実家に残っているとは思うのですが・・・もう30年以上前の「夏のおもいで」です。

Beautiful Love Sarah With Michel Trip.jpg Live In Japan SAY IT a la Salle Pleyel TEMPTATION.jpg

* * *

その時は暑くてたまらない夏も、過ぎてみれば美しい想い出を残します。皆様の夏の想い出は?
私の今年の夏の想い出は・・・コレかな?雨にたたられた九州、熊本での「青ガエル」との記念のスナップショットです・・・

aogaeru.jpg
  1. 2008/09/05(金) 22:58:48
<<一宮 | ホーム | 新たな始まり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetsuyakimura.blog31.fc2.com/tb.php/70-6fe6cf88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)