建築の眼 JAZZの耳 ; tetsuyakimura_weblog

木村哲矢建築計画事務所 木村哲矢 が  見たこと 聴いたこと 感じたこと

2017年を振り返って

今年もまた残すところ数時間となりました。
ますます一年という時間のたつ速さを感じさせられます。

仕事の上では前年からの設計を継続し練り上げることに明け暮れた一年でした。
2016年3月より設計の始まったお住まいは今夏無事着工し、先頃上棟を終えて年末を迎えました。
2016年5月に初めてお目に掛かり同年秋より設計の始まったお住まいは、難産を経て年明け1月には着工に至ることが出来そうな見通しです。
この二つは規模こそ大きく異なりますが、お住まいとはそれらの多寡にかかわらず、住み手にとっても設計者にとってもまさしく真剣勝負であり、とても多くの時間を要する過程です。
来年の年末にはいずれのお住まいでも温かな灯がともり豊かな時間が流れていることを夢見ています。

 * * *

今年は2月に野田地図の「足跡姫」を観たくて東京に行き、その際に久しぶりに東京の建築をあちこち見て廻りました。「林芙美子邸」は今でもくっきりと目に焼き付いています。
夏の終わりに訪れた近江八幡の「ラ・コリーナ」、晴れ渡った暑い日でした。緑に覆われたおとぎの国の建物の、屋根と軒が心に残ります。
辺りの山並みの中の薄ピンクの量塊、作為を消した中庭のみどり、そして光と影・・・「猪名川霊園」は建築に伴う現実的なもろもろを消し去って、純粋なもののありようを示していました。

201702humiko.jpg「林芙美子邸」
201709lacolina.jpg「ラ・コリーナ」
201708inagawa.jpg「猪名川霊園」


週末台風にまともに当たった秋の熱海箱根。
日本的な素材や要素をこまごま散りばめて試してみたかのような不思議な和の「日向別邸」に対し、素材・組み立て・細部に至るまで充実した「起雲閣」の洋 は荒天ものともせず見どころ満載でした。

そして箱根の二つの村野藤吾建築。
「箱根プリンスホテル」は環境の中の佇まいから全体の構成、内外の素材・・・どこを見ても素晴らしい。正面エントランスの低く水平線を強調したラインに対し、芦ノ湖畔側の円形の客室棟はあのバルコニーの竪樋のラインと周辺の木立の垂直線とが響きあい、内部ではあまりにも有名なロビーの奥行の強調された空間の、優美に美しく崇高な天井と驚くほど座面の低いチェア。
二つのダイニングの華麗な空間と それを照らす 人面 や 木馬 の照明。
ドーナツ状上の客室棟は平面計画的にも理にかない、扇形の客室には豊かな窓辺の拡がりが用意されています。一方、周長の短い廊下は絶えず行く手が消されながら続いてホテル特有の単調さも排され、片側には常に閉じたひそやかな中庭を感じられます。
なによりもこのホテルで何度も何度も飽きずに繰り返し見惚れたのは湖岸側に降りる簡素な階段とその手摺。村野建築の階段の美しさは改めて言うまでもなくこのホテルでも様々に見応えある階段がありましたが、そのようなメインの見せ場の階段ではなく、この何でもない附属的な階段の、軽やかでリズミカルな配置と、何よりも単なる丸鋼ひとつだけを用いながらのこの簡素にして美しい手すり。上下二段に設けられた丸鋼の 上のそれはずっと伸びて端部で折り返され 下のそれは 上り口すぐに一段足安めで設けられた踊り場で 何の仕掛けもなくすとんとそんまま床に降ろされ それが実に見事で魅入ってしまう。
このような手すり(に対する姿勢)に一歩でも近づきたい、と願います。
ロビー脇のガラス扉の木製の押し板のビス隠しの、梅文様の埋木を目にしたときは、「ああ、どんな細部にも村野さんが宿っている・・・」と、もう拝むよりほかありませんでした・・・。

「箱根樹木園休憩所」は使われなくなって既に何年を経たのか廃墟となって朽ち果て、屋根は大きく孔があき雑草が生い茂り大変な状態でした。大地から生えてきたような建築 をつくり 地面との接点を大切にした村野さんからしてみれば、そのまま大地に還りつつあるかのような渾然一体としたありようは、言ってみれば本来の姿かもしれません。木製の窓を包み込むような一つ一つの小さなバルコニーも なんとも可愛らしい造形とスケールで、廃墟となってもなお魅せられる建築の姿でした。

201710kiunkaku.jpg「起雲閣」
201710hakone01.jpg「箱根プリンスホテル」
庭への階段
201710hakone03.jpg「箱根プリンスホテル」
ロビー脇の扉押し板
201710hakone02.jpg「箱根樹木園休憩所」

 * * *

今年もありがたいことに、いろいろたくさんの演奏・舞台に接することが出来ました。
年明け早々の チョ・ソンジン の演奏は圧巻でした。明年もまた早々にリサイタルがあり楽しみです。
イザベル・ファウスト アリーナ・イブラギモヴァ 服部百音 のヴァイオリンも心に残ります。
唄モノを避けて通っている私が妙に気を惹かれて出掛けた 中村恵理 の歌唱には震えました。
舞台では
百鬼オペラ 「羅生門」の不思議な時空体験
斬新な演出に時を忘れた 「リチャード三世」
舞台上の特設客席で間近に楽しんだ 「ハムレット」
などなど・・・
大阪公演を欠かさず観る イキウメ 「天の敵」「散歩する侵略者」
初めて触れた マームとジプシー 「あっこのはなし」「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと──────」
いずれも演劇的仕掛けに満ち溢れ魅せられます。
毎公演出掛けた文楽ですが今年は 通し狂言 がなく 見取り ばかりでやや印象が薄いなか、歌舞伎と見比べた「夏祭浪花鑑」は文楽ならではの面白さを味わいました。
一方の歌舞伎 では その七月歌舞伎の 染五郎「夏祭浪花鑑」とともに 仁左衛門「盟三五大切」が歌舞伎の色気に満ちて見惚れました。 五月の花形歌舞伎での 猿之助「金幣猿島郡」 勘九郎「怪談乳房榎」もとても楽しいお芝居でした。

201701seongjin.jpg201702faust.jpg201710alina.jpg201710alina02.jpg  
201706mone.jpg201711mone.jpg201703eri.jpg
201710rashomon.jpg201711richard.jpg201705hamlet.jpg
201706ikiume.jpg201711ikiume.jpg201709mum01.jpg201709mum02.jpg
201707bunraku.jpg 201707kabuki.jpg 201705kabuki.jpg


展覧会では
夏の豊田の「奈良美智展」 後日ずいぶん経って配送されてきたジャケットサイズの図録で二度楽しみました。
秋の京都の「国宝展」 人だかりで観ることもままならない「燕子花図屏風」「伝源頼朝像」なども 閉館近い夕刻にはまばらとなって独り占め状態 眼前の銘品を堪能できました。

201709nara.jpg201711kokuho.jpg


 * * *

まもなく2017年も暮れゆきます
皆さまのもとによい新年が訪れますよう

20171231nichibotsu.jpg
日没時刻の箕面
雨は降ってはいませんでしたが 西の空も雲に覆われ 日の入りは見ることが出来ませんでした
  1. 2017/12/31(日) 18:37:40

2017 今秋の滝道

朝 たまたまいつもよりも随分早く家を出ました
空気は冷たく 見上げれば空が晴れ渡って とてもよい気分
そうだ!
急遽思い立って家に取って返し カメラを持って再度出直し
並木のイチョウも黄色く色づいて 気分上々
とりあえず事務所に荷物を置いて身軽になって そのまま滝道へ

20171124ichonamiki001.jpg
事務所への道すがら イチョウが色づいて美しい
20171124yamanami001.jpg
箕面の今朝の山並み

例年では紅葉が見頃となるこの一週間ほど 報道でも阪急の駅の案内でもようやく箕面の滝道の通行止めが周知され
人出は随分と減っている模様
しかも平日の朝早い時間とあって 人通りも少なく ゆっくりと気持ちよく散策できます

道々で眼にする 陽光を透かした紅葉に気持ちが洗われます
箕面滝まであと1kmあたりの 修行の古場で通行止め
そこからまたゆっくりと紅葉を楽しんで事務所に戻ります

20171124takimichi001.jpg

箕面弁財天
20171124takimichi002.jpg

弁財天の手水鉢に浮かんでいた紅葉
20171124takimichi003.jpg
20171124takimichi004.jpg
20171124takimichi005.jpg
20171124takimichi006.jpg

ここで行き止まり


事務所に戻りますと
あらら・・・ちょうど建物の真ん前のところに作業車が停まり 前のイチョウの剪定中
ようやく黄色く色づいて これからが楽しみ と今朝も眺めたそのイチョウが 瞬く間に丸坊主
これって 樹のため? 落ち葉対策?
通りを隔てた東側の街路を見てみれば すっかり冬の景色
もう少し楽しみたいのですけれど・・・

20171124ichonamiki002.jpg20171124ichonamiki003.jpg
市役所前交差点の西側市役所前交差点の東側はすっかりと丸坊主


20171124ichonamiki004.jpg20171124ichonamiki005.jpg20171124ichonamiki006.jpg
事務所のベランダから見下ろす 作業前瞬く間に丸裸ベランダから間近に作業者さんをアップで撮ろうと思いつつ
ついついよそ事に あっと気がついたら既にすっかり丸裸で
あとで隣の街路樹でパチリ
作業する方も高所でタイヘン・・・
  1. 2017/11/24(金) 11:55:23

紅葉の箕面滝道 通行止めが続いています

今朝の箕面は晴れ渡り、青空が気持ちよい朝です
山の樹々も色づくころとなりました
二週続きの週末台風のあと、11月に入っての三連休といい昨日の週末といい天候気候のよい日々で、箕面の滝道を訪れた方も多かろうとは思いますが・・・
実は現在滝道は先の台風の爪跡が残り、通行止めが続いています
滝道にとっての最盛期とあって整備も急がれ、閉鎖の区間が徐々に縮まりつつありますが、まだ滝までは行きつけず、途中でUターンとなってしまいます
これから一週間ほどが例年では紅葉の見ごろです
なんとか整備が間に合い、滝まで開通しますよう!


20171113_01.jpg
今朝の山並み
20171113_02.jpg
中央線のイチョウ並木の色づきはまだまだですが 近傍では黄色に染まりつつあります

* * *

滝道の復旧については 箕面公演 公式サイト で最新状況をご確認ください
http://www.mino-park.jp/c2583.html
11月10日現在は下記の通りです
http://www.mino-park.jp/e136331.html
  1. 2017/11/13(月) 10:32:05

上方文化講座2017 「祇園祭礼信仰記」

すっかりと記載が遅くなってしまいました
すでに10月
ですが 今年も夏の終わりの三日間、受講してまいりました 上方文化講座

しかし・・・
すみません どうも今年は印象が薄い

やはり 「祇園祭礼信仰記」 になじみがない ということがあったのだと思います
加えて技芸員の皆さまも 今年は割とおとなしかった?

馴染みがない 「祇園祭礼信仰記」 ですのでなおさらそれなりに(!)予習は重ねて講座には臨みました
図書館にも関連書や床本が見当たらなかったのですが 幸い 咲甫太夫さんのサイトに 鳶田の段・是斎住家の段・金閣寺の段・爪先鼠の段 の掲載があり (http://www.sakiho.com/Japanese/bunraku/scripts/gionsairei.html) それらを読んで
 さらに歌舞伎のサイト (歌舞伎演目案内 http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/338 歌舞伎への誘い http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/kabuki/jp/5/5_04_08.html) で 概要や人物の相関、見どころなどを事前にチェック

さて 今年も最初に文楽案内と題した概論講座的な授業があり 今年のテーマは
曲風・大道具など
床本を読む際に 「詞」とか「地」とか「ハル」「フシ」とか脇にふってあるアレです
が 実際の浄瑠璃の録画録音を解説を添えて聴いても 音痴の私にはどうもよくわからない・・・
西風・東風 と言われても ウーーーン? の有り様です
人形浄瑠璃文楽は 見るもの か 聴くものか という話が2-3年前の講座でもありましたが 素浄瑠璃の公演にも足を運ばず お芝居の世界から文楽に頭を突っ込んだ私としては 聴く浄瑠璃はまだまだ到達できぬ奥深い世界です
昨年は芝居小屋の話しで建築畑の私には喰い付きのよいテーマでしたが その分今年は ??? での幕開けとなりました

一方音痴の私でも さすがは太夫さんの人物の語り分け
人形浄瑠璃は床本を読んでいても いったいこれは誰のセリフ? と分からなくなることが多いのです
現代演劇の戯曲では 台詞とト書きがきちっと分けられ 台詞も 誰 のセリフかが明記してありますが 文楽の本ではこれがさっぱりわかりません 私が眼にする講座のテキストなり古典文学集成などの本では ルビや句読点が打たれたり改行されたり と随分と分かりやすくしてあるのですが それでも 誰のセリフか というのは話しの流れの中で読み解くほかなく・・・
けれどもこれを太夫さんの語りで聴きますと 一人一人の登場人物がしっかりと語り分けられますので 聴いていて素直に理解できます
今回の 「祇園祭礼信仰記」 では 特に碁立ての場面 テンポよい台詞の応酬が面白いのですが 語りを聴くまではちんぷんかんぷんでした・・・

さて
金閣寺の大きなセットが上下する 「祇園祭礼信仰記」 ということで設けられたもうひとつのテーマ 大道具
やはりそれなりの大仕掛けなので文楽では上演の機会が少ないのだそうです
今回歌舞伎で予習したのですが 確かに歌舞伎ではセットが派手に動くものをよく眼にします これが可能なのも歌舞伎の高い観劇料とそれを支払うお客の多さ?
文楽って歌舞伎に比べると随分お値打ちですからね
今年の夏の大阪は 大阪が舞台の夏芝居 「夏祭浪花鑑」 が歌舞伎と文楽とで揃って上演されまして いずれも観に出掛けたのですが (前に書きました
三階席で観た歌舞伎よりも 友の会で買った最前列中央舞台かぶりつき席の文楽の方が はるかにお安い!
考えてみれば 例えば一般の演劇の場合は 2時間ほどの上演で約一万円
上演時間の長い文楽って時間当たりの単価を考えると驚くほど安い 友の会ならなおさらで 一万円未満で朝から晩まで文楽漬け 通し狂言が観れてしまいます
大掛かりなセットがつきもののオペラやミュージカル (同じ生演奏付でも文楽よりもはるかに演奏者も多い!) となると バカにならない制作費の元を取るため ン万円のチケットに 劇場も 2000-2500人!収容で かつ ロングラン
それに対して国立文楽劇場は 731席 東京の国立劇場小劇場では 560席 と こじんまりしています
ちなみに 歌舞伎の大阪松竹座は 1033席 2階3階がある分席数が多くなっています
なるほど これでは確かに興行面では文楽公演では大掛かりなセットは打ちづらいでしょうね・・・
大道具から とんだ生臭いところに話がそれてしまいました

ついでながら 最終日の技芸員さんのお話しの中で 津駒太夫さんが
「国立劇場小劇場のほうが国立文楽劇場よりも音がよく 演っていて楽」 
というようなことを話されていましたが 音響設計云々もさることながら まずは劇場の容積 (気積) が影響あるでしょうね
もうひとつ 津駒太夫さんの音の響きにかかわるお話し
講座の開かれる教室に設けられた仮設の床には 背景に金地の衝立が立てられています
場としての視覚的な効果のものだとずっと思っておりましたが これがあるとないとでは音の響きがまったく違うのだそうです
見た目にもそれはあるとないとではまったく違いますけれど・・・
しかし音響効果上必須の反響板だったとは!
受講を始めて ウ年目にして初めて知った新事実でした

その津駒太夫さんを恨めしそうに見つつの清介さんのお話し
「大夫さんは床本を見ながら語られるのに 三味線弾きは全部暗譜・・・」
音曲だけでなく 語りの床本もすべて覚えられるのだそうですが この理由や経緯については定かではなく
「何や知らんけど 昔からそうですねん」 とのこと
清介さんによれば 三味線弾きとは昔は盲目の人で それでそうなったんでしょうな ということでしたが
検校さんとか瞽女さんとか お琴三味線みな目の不自由な方々でしたね その流れなのか・・・

技芸員さんのお話しの中ということでは 勘十郎さんの 爪先鼠の話しが興味深かった
縛られた雪姫が 足で桜の花びらをかき集め 爪先で鼠の絵を描くとそれが本物の白鼠となって 雪姫の縄目を喰いちぎる というくだりです
人形浄瑠璃の女の人形には足がなく 足遣いさんが着物の裾の中の「ふき」を指ではさんでさも足があるように見せかけるのですが この足の爪先で鼠を描く場面 となると当然観客の視線も足先に集中
過去 八百屋舞台 (前傾の舞台) にして鼠を描くところを見やすくしたりとか 女の人形にも足をつけて描いて見せたり という演出をしたこともあるそうですが 勘十郎さんは やはり足を使うのは好きではない と・・・
そして実演でも足を用いずの演技でした
足が見えないのに けれども 足の爪先で花びらを集めて鼠を描く
これがやはり何とも言えず美しい
実際の足先が見えて鼠を描かれるよりも はるかに観客の心にはうつくしく描き出される そう感じました
見せるのではなく 見せないことでよりうつくしくくっきりと描きだす まさしくお芝居ならではの魔法です
また この場面での雪姫は縛られていますので手の自由がききません
手を使わずに 顔の向き 身体の傾き加減 のみでのむつかしい演技 ということなのでしたが 切なさに溢れてとてもとても見応えあるものでした

kamigatakouza2017.jpg
大学のYouTube公式チャンネルでの上方文化講座2017は下記をどうぞ
https://youtu.be/h0Lu2F1gg4I
  1. 2017/10/03(火) 19:23:37

豊田 近江八幡 岐南

いつの間にかイチョウ並木の歩道に銀杏が転がる季節となりました。


今月初めに、豊田市美術館で開催されている 「奈良美智 for better or worse 展」 に行ってまいりました。
豊田市美術館は開館当時に来て以来、奈良人気で大変な混雑でした。
最初の展示室で、若き日に奈良さんをかたちつくった様々なもの -本・レコード・こけし等の品々- の展示があり、LPジャケットなどを見ると 「おお、ウチにもある!」 というものがいっぱい、年譜を見てみれば同い年なのでした。
時間をかけて奈良ワールドをたっぷり堪能・・・

20170903 toyota (4)

それにしても豊田市美術館、以前来た時には外壁と床の緑色のスレートの素材感と緻密なディテールに圧倒されて、そのほかの印象があまり残っていなかったのですが、以前は建築が目当てで来て、今回は展覧会がメインで訪れて、こういった建築だったのだ・・・と改めて知った次第。
建物の正面性というのが圧倒的で、フレームのゲートと壁でドーンと来館者を正面から受け止め、(と言いながら、駅から徒歩で参りますと正面ではなく裏から入ることになってしまうのでしたが・・・) けれども内部に入ると、崇高なエントランスホール というものはなく、あっさりと展示室に入る感じ。吹抜の階段ホールも以前の際は印象深かったように思うのですが、こうしてみるとあっさりしたもの。

そして展示室を巡れば、あちらへこちらへと かつ上下にも移動し、結構こまごまと大変だったのでした。
屋外に出て改めて建築を見てみますと、前庭も上下に立体的で上部は大きな水庭。ゲートをくぐった先のエントランスコート、そして美術館の方もテラスを挟んでメインの展示館と高橋節郎館が分離されて置かれ、さらに水庭の対面に茶室棟。これだけの豊かで様々な機能の屋外空間をつくりだすために美術館の建築自体は平面ではなく立体的な構成とならざるを得なかったのでしょう。
ここでは建築もさることながら、この屋外空間を谷口さんは造りたかったのか・・・と感じました。

20170903 toyota (1)
設計 谷口吉生 1995
20170903 toyota (2)

20170903 toyota (3)

美術館を後にし、トヨタ鞍ヶ池記念館へ。
足の便の悪いところなので (車で来ることが前提です、トヨタ車に乗ってきなさいと言わんばかりに・・・) 今回が初めて。
本数の少ないバスに結構な時間乗りました・・・
さすがにトヨタが管理運営しているだけあって、アプローチの立派な刈込の中に見え隠れする姿はとても良い雰囲気です。
建築は、まだバリヤフリーがさほど声高に叫ばれない時代ですね、床も天井もさまざまに起伏に富んでいます。建築的な要素もいろいろあちこちにに顔を出して、
「ああ、槇さんも若き日にはあれもこれもといろいろとやりたかったんだ!」
と思わされました。

20170903 toyotakuragaike (1)
設計 槇文彦 1974
20170903 toyotakuragaike (2)

20170903 toyotakuragaike (3)
こちらは同じ敷地内に移築修復されている 旧豊田喜一郎邸(設計 鈴木禎次 1933)
20170903 toyotakuragaike (4)

* * * * *

この豊田への道程では、近江八幡と岐南にも立ち寄りました。

今回の近江八幡はヴォーリズは素通りして、ラ・コリーナへ。
ホームページで休日の混雑ぶりを読んでいましたので平日に出掛けたのですが、それでも大変な人出!
子供ははしゃいで駆け回り、大人はあちこちにカメラを向ける。
言ってみれば、和菓子洋菓子の販売とレストラン・カフェのみなのに、人を惹きつけるのですね・・・
建築の力 というか「チカラ」という言葉は似合いません。
どこを見てもつい微笑んでしまう。

バス停で降りてまずはエントランスゲートのスケールに好感、手作り感満載!
アプローチを進み、メインの建物へ。
草屋根がここまで見事に実現されていることに驚き
そしてなんと云っても素晴らしく感じますのが、軒の低さ!
その軒先から滴り落ちる水滴(草屋根の保水のための水です)が陽光にキラキラ輝いて美しい。
内部に入れば、例の炭の天井。
トイレを覗けばドアハンドルからアクセサリーなどの金物類が、すべてサンダーで荒らし歪ませてあります。
事務所棟の屋根のもっこりしたシルエットもほほえましい。
建築もランドスケープも分け隔てなくまさに混然一体

それにしても水平垂直・直角の定規で製図されるもの や 工業製品のカチッとした精度 というものをとことん排しています。
この手作り感を達成するためには、小さな小屋ならいざ知らずこの規模では、設計するのも施工するのもさぞ大変だったことでしょう。
そして何よりも、この感覚を維持するための 維持管理の努力苦労 が偲ばれます。
それがあるからこそ、これだけ多くの人が惹きつけられるのでしょうね。

20170901 la_collina (01)
設計 藤森照信 2015~
20170901 la_collina (02)

20170901 la_collina (03)

20170901 la_collina (04)

20170901 la_collina (05)

20170901 la_collina (06)

20170901 la_collina (07)

この近江八幡の後、岐阜で電車を降りて岐南町役場を見に。
2月の世田谷プレイスがあまりに素晴らしく、期待に胸を膨らませて向かいました。
けれども・・
屋根・庇の造形が特徴的で 長大な軒下 を創りだしています。
その軒先もとても薄く処理されています。
けれども訪れたこの日もとても暑く、午後の太陽は容赦なく軒下にも照り付け、軒下のベンチに座る人はもちろん皆無。
塔状の庁舎建築は ルーバーには特徴がありましたが内部の計画は非常にオーソドックスですし、複合機能を分棟にして一つの屋根でつなぐというのも、まあある手法・・・
昨今は都会ではお洒落とも感じさせるモルタル押さえなどではあります。
しかし、恐らくはコストがとても厳しかったのであろうことを感じさせる質素で単一な素材や即物的なディテールが、このような地方都市の建築では私にはどこか貧相で寒々しく感じてしまいました。
地方都市 → 屋根・軒下 → 寄り合い という連想にも・・・

20170901 ginan (1)
設計 kwhgアーキテクツ 2015
20170901 ginan (2)

20170901 ginan (3)

20170901 ginan (4)
  1. 2017/09/21(木) 17:41:25
前のページ 次のページ